ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

マジ!? 1日1食ってメリットだらけじゃん!

トッシー
こんにちは、トッシーです!

今日もダイエットで成功するために前進していきましょう^^

さて、僕のブログを読んでいるならご存知のことですが、僕が今行っている食事管理方として断食を取り入れた「1日1食」を取り入れています。

 

そして今回、1日1食をあなたのダイエットに取り入れることによって得られるメリットや断食を取り入れたら体がどのような変化を起こすのかということをお伝えしようと思います。

 

ということで、今回は1日1食のメリットの部分についてお話していきますね^^

 

先に言っておくと、1日1食は確かに自分の体を管理するという意味ではメリットだらけです◎

 

しかし正しいやり方をしらないまま行き当たりばったりな感じで行い、失敗している人も結構いるのが現状です^^;

 

なので、ここで正しいやり方をマスターして、あなたのダイエットに上手く取り入れてくれたらと思います。

 

よく1日1食をしていると話すと、

「1日1食って、ちょっと危険じゃない?」

「逆にリバウンドしてしまうって聞いたことがあるけど?」

といった意見をちらほら聞く時があります。

 

結論を言うと1日1食は確実に痩せることができます。

まぁ、常に体が『摂取カロリー<消費カロリー』の状態になりますから、当然と言っちゃ当然ですが。

 

でも僕の場合、こういったカロリーに関しては確かな根拠がないので、僕の1日1食はカロリーは基本無視しています。

 

その代わりに一番注意していることがあります。

 

それは【インスリンの分泌量】です。

太る最大の原因は【インスリンの過剰分泌によるホルモンバランスの崩れ】です。

 

なのでカロリーを気にするより、インスリンの分泌量を気にした方がいいです。

 

朝は基本は食べないようにしよう!

先に重要な事を言っておきますね。

『1日1食は朝に行うのはオススメしません』

 

これはなぜかというと、人間の生理的な生活リズムに関係しています。

実は人間の生活リズムで朝の時間帯は【排泄の時間】にあたります。

 

ここで人間の生理的な生活リズムを解説しておきますね。

 

AM4:00~正午 ⇒ 【排泄の時間】

正午~PM20:00 ⇒ 【栄養補給の時間】

PM20:00~AM4:00 ⇒ 【吸収と代謝の時間】

 

人間はこのような生理リズムで生活しているのです。

なので、この24時間サイクルを確認しながら食事のタイミングを考えてみると、朝にモノを食べると内臓に大きな負担をかけてしまうことになるのです。

 

朝は【排泄すること】にエネルギーを使います。

そこに朝ごはんを食べてしまうと、排泄に使うエネルギーはほとんど消化の方にエネルギーを使うことになってしまうので、ここで生活リズムが崩れてしまいます。

 

この生理的生活リズムを崩さないためにも、朝は食事を抜くことが理想的といえます。

 

朝は食べないほうがいいのはわかったけど、じゃあ昼と夜ならどっちがいいのか?という疑問が出てきたと思います。

僕の考えとしては昼も夜もどちらでもいいと感じます。

 

先ほどの24時間サイクルを見てもらうとわかるのですが、お昼からPM20:00の間はちょうど『栄養補給』の時間帯です。

なので、昼と夜のどちらでもいいタイミングだと言えます。

 

人間の体のメカニズムを理解すると、1日1食の方が最適だということも納得できたのではないでしょうか。

ではここから1日1食のメリットや注意点を紹介していきますね^^

 

メリット

・朝の目覚めがバッチリで、起きた瞬間から頭がスッキリしている

・集中力が切れないので、1日中仕事のパフォーマンスが低下しない

・肌荒れが治まった

・自由な時間を増やすことができた

・食費の節約になった

・便秘が改善した

・睡眠の質が上がった(グッスリ寝れるし、5時間睡眠でも調子が良い)

・風邪をひかなくなった(ここ数年は1度も風邪をひいていない)

・食欲が抑えられる

・以前よりも疲れにくい体になる

・脂肪燃焼が促進される

 

これらは僕が実際に体験したメリットです。

特に1日中集中力が持続したのと、睡眠の質の改善、風邪をひかなくなったのは大きなメリットとなりました^^

 

では次にデメリットについても知っておきましょう^^

 

デメリット

・体が慣れないうちは、常に空腹に悩まされる^^;

・夜遅くにご飯を食べると、以前よりも太りやすくなる

・食べ過ぎると、一気に体が重くなる感じに陥る

・栄養面に不安がある(注意しないと栄養不足に陥りやすい)

・血糖値が急激に上がる可能性がある

・今までの食事量で食べると、すぐ苦しくなる(胃が小さくなったため)
↑これってデメリットか?(笑)

 

デメリットに関してはこんな感じですかね。

特に僕がよく陥っていたことは、食べ過ぎによって一気に体の調子が悪くなるというところです。

 

これはもう自分が反省するべきことなんですが(笑)

腹八分目でも十分満足感が得られるとわかりました。

 

逆に今までの量だと食べ過ぎのレベルになるということです。

この感覚に慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれませんね^^;

 

いつもの調子で食べてしまうと一気にお腹が苦しくなるので、この注意点は忘れないでくださいね。

くれぐれも僕と同じ状況にならないように!(笑)

 

また、ちょっと油断するとすぐに栄養不足に陥りがちになるので、そこはプロテインを飲んだり、各種サプリメントを飲んで栄養を補うようにするなど、しっかりと対策も取ってくださいね。

 

いかがでしたか?

今回は1日1食のメリットやデメリットについて紹介してきました。

 

1日1食の食事管理に切り替えることで、こんなにも体にとってメリットがあるんですよ^^

食事回数を減らすことで体のパフォーマンスが向上するなら、ダイエットもより効率的になるのは間違いありません。

 

ならすぐにでもあなたのダイエットに取り入れるべきだと感じます。

1日1食は危険だというイメージを持たれやすいですが、実際にやってみるとそんなに危険じゃないということが分かってきます。

 

まぁ、これに関しては実際にやった者にしかわからない部分でもあるんですがね^^;

だからあなたが実際に行ってみて危険かどうかを確認する意味でも、ぜひ実践してほしいです。

 

ということで今回はここまでにしますね。

 

また、1日1食の根幹の部分でもあるファスティング(断食)の基礎知識を以下の記事を読んでしっかり自分のダイエットに取り入れられるように一緒に読んでみてくださいね↓

ファスティングの基礎とメリット

 

ファスティングの正しい知識を身につければ、1日1食の有用性がさらに理解できると思うのでぜひ一緒に学んでみてくださいね^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^