ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

サラリーマンのダイエットに効果的!HIITトレーニングを始めよう!

HIITトレーニング

 

トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

 

世の中には、実にさまざまなダイエット方法が存在しています。

有酸素運動や筋トレは体脂肪を減らして見た目を細くするには必要不可欠ですよね。

 

でも運動する時間がなかなか取れないので、短期間で痩せたいという人も多いはず。

そこで今回は短期間で脂肪燃焼効果が期待できる『HIITトレーニング』という方法を紹介します。

 

このトレーニングなら、仕事で忙しいあなたでも短期間で痩せる効果が期待できます^^

 

HIITトレーニングとは?

まずHIITとは

High-Intensity Interval Training(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)

の略です。

 

つまり、高強度インターバルトレーニングのことを指します。

高負荷の運動と低負荷の運動を交互にしていく方法ですね。

その強度をさらに上げたものがHIITトレーニングです。

 

このトレーニングの最大のメリットは何といっても、

『短時間で効果が期待できること』です。

すぐに効果を実感したい人にとっては魅力的なダイエット法ともいえます。

 

ではなぜHIITは短期間で体脂肪が減らせるのか?

なぜHIITは短期間で体脂肪減少が見込めるのか?

その理由を説明していきます。

 

一般的に言われていることは、激しい運動をした後はカロリーが消費しやすい状態が作られ、それがダイエット効果につながっているという説です。

これは運動後の過剰酸素摂取量と関係しており、身体を元の状態に戻そうと酸素の消費が増え続ける「アフターバーン効果」の影響とされています。

 

この時のカロリー消費は、一般的な有酸素運動の6倍~10倍ともいわれています。

 

次にHIITのメリットとデメリットの解説をしていきましょう^^

 

HIITのメリットとデメリット

HIITのメリットとデメリットを上げるとざっとこんな感じです。

 

HIITのメリット

・短期集中で効果が表れる

・一般的な有酸素運動の数倍とされる脂肪減少効果をもつ

・心肺機能の強化、筋力アップなどにも効果あり

 

HIITのデメリット

・とにかくキツイ(自分を限界まで追い込む)

・高負荷のため、ケガのリスクが高い

・運動の習慣がない人にはおすすめしない(キツ過ぎてできない)

 

HIITは、とにかく全力で行わないと効果が期待できないトレーニングです。

体調に不安がある場合、あるいは痛めている箇所があるならば避けた方がいいです。

 

それくらいハードなダイエット法です。

しかしハードな分、その効果は間違いなく大きいといえます。

 

HIITは『自分を限界まで追い込む』ことが絶対条件!

このトレーニングにおける最大の難点は、

「自分を限界まで追い込む必要がある」ということです。

 

ダッシュや腕立て伏せのような無酸素運動を何セットも重ねなければならず、途中で手を抜くと効果は半減してしまいます。

 

自らの意思で自分を追い込むことは、どのダイエットでもそうですが、想像以上にかなりの難題です。

ほとんどの人は数セットが終わった段階で無意識に手を抜いてしまい、“自分の限界”を知る段階までたどり着けずに終わってしまうことがほとんどです。

 

HIITトレーニングは、「これが終わったらぶっ倒れてもいい!という強い意志を持って、最後までやり遂げることが大切です。

ここであなたのダイエットに対する本気度が試されるわけですね^^

 

HIITの基本のやり方

では、HIITトレーニングの基本的なやり方について解説していきますね。

まず基本は時間を設定して『無酸素運動・有酸素運動・休憩』を繰り返します。

 

無酸素運動→有酸素運動→インターバルor完全休息→無酸素運動……

といった感じで、以降繰り返すという流れになります。

 

ちなみに、HIITによく使用されるメニューは以下の通りです。

HIITの主なメニュー

・バーピー

・スクワットジャンプ

・マウンテンクライマー

・腕立て伏せ(プッシュアップ)

・プランク

・シャトルラン

・なわとび

・エアロバイク

・ローイング

以上が主に使用されています。

 

HIITトレーニングメニュー例

HIITのトレーニングメニューは主にこんな感じで設定していきます。

・ダッシュ30秒→ジョグ60秒 ×10セット=15分

・エアロバイク全力45秒→45秒流し ×10セット=15秒

・腕立て伏せ30秒→休憩30秒 ×15セット=15分

 

でも筋トレと有酸素運動を一緒に行う方が効率的です。

なので、おすすめのメニューは、

20秒+10秒休憩×6~8ラウンドがルール

「タバタ式トレーニング」がオススメです◎

 

ちなみにタバタトレーニングは、立命館大学スポーツ健康科学部の田畑泉教授が発表した論文が元になったトレーニング方法です。

 

ではそれに沿ったHIITトレーニングの動画を紹介していきます^^

次の動画は実況が面白いので、楽しくやれるかと思います(笑)

 

 

 

静かにできるマンション用のHIITなんてのもあります(笑)↓

 

 

HIITは忙しい社会人のダイエットに向いている!(まとめ)

いかがでしたか?

HIITトレーニングは、かなりキツイ内容のトレーニングです。

しかし短時間で効果が期待できるのも事実です。

 

なので、仕事で忙しいあなたにとってはまさに画期的なダイエット方法ではないでしょうか。

また大きな成果を出すために、HIITを行う前に筋トレを10分ほどしてから行うと、よりダイエットの効果が期待できます。

 

このHIITトレーニングを上手く取り入れていけば、3か月で-10kg達成も確実にできるダイエット法なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

ただし、毎日やらないと効果が出ないので、体が慣れるまでしんどいかもしれません。

でも体が慣れればあとは楽になるので、体が慣れるまで頑張って継続していきましょう!

 

ダイエットを習慣化させることの重要さも一緒に学んでおくこともオススメします↓

習慣化 歯磨き

本質に迫る!できるサラリーマンは運動を習慣化している

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です