ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

あなたに合ったオススメのダイエット法を見つけよう!

あなたに合ったオススメのダイエット法は?
トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

「ダイエットの方法が多すぎて、自分にはどれがいいか分からない。」

世の中にあるダイエット方法はたくさんあります。

 

その中で、自分に合ったダイエット方法はどれだろう?と迷ったことはありませんか?

 

今回は自分に合ったダイエットを決める時、こういう違いや選び方があるんだという視点で参考にしてしてくれたらと思います。

この記事を読めば、自分に合ったダイエット方法の選び方が分かるので、ぜひ最後まで読んでくださいね^^

 

1.あれこれ考えるのが面倒くさい人のための方法

ダイエットで特に大事なのは食事管理だということはもう当たり前ですよね。

でも実際は「カロリー計算や食材選びが面倒だ」という人が多いのではないでしょうか。

 

そんな人にオススメのダイエット法は半日断食ダイエット法】です。

メリットとしては、面倒なカロリー計算をしなくてもいいというのが何よりのメリットになるからです。

 

ルールとしては以下の通りです↓

【ルール】

①16時間の空腹期間を確保すること

→16時間の間は、水やコーヒーを飲んでもO.Kだが、コーヒーなどカフェインを含んでいるものは胃の粘膜を刺激してしまうので、余計に空腹感を増大させてしまう恐れがあるので注意が必要。

 

②食事は何を食べても自由

→このダイエット法は空腹時間を継続して確保していくことでドカ食いを防ぐ効果がある

 

③ナッツ類はいくらでも食べてO.K!

→ナッツ類は脂肪分が多いが、空腹力が付くまでの一時的な摂取になるのでO.K。

 

このダイエットは、長時間の空腹時間を作ることで、脂肪燃焼効果を促進させる方法です。

ちょうど、僕が実践している1日1食法のハーフバージョンといったところですね^^

 

ここでもう一度この方法のメリットを見ると大きく3つあります。

①面倒なカロリー計算が不要

 

②内臓を長時間休めることができるので、下痢や便秘、アレルギーや体調不良が改善される

→僕もこれで花粉症や風邪とは無縁の体になりました。

 

③オートファジーという機能により、細胞が若返るのでアンチエイジング効果がある

 

逆にデメリットの部分というと、長時間の空腹時間を設けるので、筋肉の量が減りやすくなってしまうという点です。

なので、食べていい8時間の間はしっかりたんぱく質を摂り、適度な筋トレを行うことがポイントになります。

参考本↓

2.一生使えるダイエット方法がいいという人向けの方法

ダイエットといっても、一時的に不健康に痩せるより、ずっと太らない方法がいいと思う人がほとんどではないでしょうか。

そんな人にオススメなのが【パレオダイエット】です。

 

ルールとしては以下の通りです↓

【ルール】

①加工品をやめ、90~100%自炊にする

 

②食材選び

・炭水化物は低カロリーで栄養価の高い葉物野菜や根菜類から摂取する

・たんぱく質はオメガ3脂肪酸の多い”魚”をメインにする

・脂質はココナッツオイルやMCTオイルなど、オメガ6脂肪酸の少ないものを選択する

 

このダイエット法は、人には本来太らない仕組みである“セットポイント”が備わっているという考えのもと、セットポイントを狂わせるといわれている加工食品をやめるダイエット法になります。

 

このダイエットのメリットは以下の通り↓

①食事制限がないため、無理なく痩せられる

 

②中性脂肪やコレステロールの低下、糖尿病の改善など健康面での効果が大きい

 

③一生続けられる

 

デメリットとしては、自炊のために料理に時間が掛かってしまうこと、野菜から糖質を摂るので、米やパンや麺類が好きな人にとっては物足りなさを感じるという部分です。

なので、このダイエットは料理が好きで得意な人にはオススメかもしれませんね^^

参考本↓

 

3.炭水化物が大好きな人向けの方法

「糖質制限は痩せることは分かるけど、やっぱりお米が大好きなんじゃー!」という方も中にはいるかと思います。

そんな人に向けた方法の一つに脂質制限ダイエット】があります^^

 

これは“テキ村式ダイエット”の中にある方法の一つです。

ルールとしては以下の通りです↓

①ジューシーなものを一切食べてはいけない

 

②たんぱく質を多く食べる
自分の体重×1.5g~2gを目安に摂取する

 

③筋トレor有酸素運動を行う(またはその両方を行う)

 

④ダイエット方法を自分の頭で考え、アレンジすること

 

こちらのダイエットは高カロリー摂取を控えて”総摂取カロリーを抑える”というダイエット方法になります。

 

メリットは炭水化物が食べられるという点で、逆にデメリットと言えばジューシーなものを食べられないこと、脂質を完全にカットすることで起こるホルモンバランスの崩れによる”肌荒れ”や”髪のパサつき”が起こってしまうという点です。

どうしても炭水化物を食べないと気が済まないという人は、この脂質制限大ダイエットをしてみるのもアリかと思います。

参考本↓

 

4.ジューシーな物が大好きという人向けの方法

先ほどの炭水化物が大好きな人とは逆で、ジューシーなものがとにかく好き!という人もいますよね。

僕もどっちかというとジューシー大好き人間です(笑)

 

そんな人にオススメのダイエット方法が糖質制限ダイエット法】です。

こちらもテキ村式ダイエットの一部になります。

 

まぁ、これに関しては「やっぱりな」という意見が多いかと思います^^;

炭水化物が大好きな人と逆の人といえば、糖質制限がメインになるのは当然と言っちゃ当然ですが(笑)

 

このダイエット方法のルールは以下の通りです↓

①糖質を制限し、低GI値の食事にする

男性:120g/日 女性:100g/日に糖質を抑える

 

②たんぱく質を多く食べる
自分の体重×1.5g~2gを目安に摂取する

 

③筋トレor有酸素運動を行う(またはその両方を行う)

 

④ダイエット方法を自分の頭で考え、アレンジすること

こちらは①以外は脂質制限ダイエットとほぼ同じルールになります。

 

このダイエットのメリットは、ジューシーなものを食べられるという点です。

だから肉などをどんどん食べてもいいと言われています^^

 

逆にデメリットといえば、糖新生によって筋肉の量が落ちてしまう可能性がある点です。

これを防ぐ意味でも、たんぱく質を3~4時間おきに摂取するのがポイントです。

(これは忙しい人にとっては難しいかもしれませんね^^;)

 

こちらのダイエットはジューシーな食べ物に比べて、糖質を少し食べたい人向けにおススメです^^

糖質制限といっても、糖質を”完全にゼロ”にするということではないですからね◎

 

僕も当初は知識不足だったので、糖質を完全にゼロに抑えてとんでもないことになってしまった経験があります^^;

糖質制限で飢えている人

糖質制限で大失敗!僕はこうして勘違いして死んだ…。

 

なので、糖質制限の意味を勘違いしないように注意して行ってくださいね^^;

参考本↓

 

5.筋肉を落とさずに効率よく痩せたい人のための方法

効率よく痩せいたいけど筋肉はなるべく落としたくない!と考えている方も中にはいます。

やっぱり痩せながらカッコイイ体になりたいですよね^^

 

そんな人にオススメの方法はケトジェニックダイエット】がオススメです^^

 

ルールは以下の通りです↓

①糖質の摂取量は”2週間で20~60g以下”に抑える

 

②脂質はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスのいい油を摂取する

 

③糖質は一切NGで、たんぱく質は体重×1~2gを摂取すること

【食べて良いもの】

肉、魚、卵、オリーブオイル、ココナッツオイル、MCTオイル、葉物野菜、ピーマン、アボカド、キノコ類、ベリー類、チーズ類

 

この方法は糖質を極限まで抑えて、ケトーシスと言われる脂肪をメインのエネルギー源とする体に切り替えることで効率的に体脂肪を燃焼させる方法です。

 

このダイエットのメリットは以下の3つです↓

①ケトーシスによって糖新生が起こりにくくなるため、筋肉が落ちにくくなる

 

②脂肪をメインとするエネルギー源とする体になるので、効率的に脂肪を燃焼させることができる

 

③脂質は満腹ホルモンを刺激するので、空腹感が抑えられる

 

 

逆にデメリットは4つあります↓

①ややお金がかかる

肉やMCTオイル、アボカドなど、さまざまな食材から脂質を摂ろうとすると、やはりお金がかかる^^;

卵やサバ缶を毎日食べ続けることができるなら安くて済みますが(笑)

 

②ケトン臭がする

脂肪由来のケトン体の物質の一つであるアセトンという物質がケトン臭の甘酸っぱい臭いを発するため、口臭や体臭に気をつける必要がある。

 

③リバウンドする可能性がある

インスリンの感受性や分泌量が低下している状態なので、再び普段の食生活に戻ると、糖の中毒性により糖質を含んだものを食べ過ぎたりして、一気にリバウンドしてしまう可能性がある。

 

④糖尿病の人は禁止

糖尿病の人が実践するとケトアシドーシスという病気になる可能性がある。

また、糖尿病でない人も血液が酸性に傾く状態にならないためにも、1ヶ月や2ヶ月など短期間で行うようにする。

 

この方法はデメリットの部分をしっかりと把握して実践することが大事です。

しかしフィジーク大会に出る人も取り入れている方法なので、筋肉を落とさずに痩せたい人には有効なダイエット方法になります^^

 

参考本↓

 

6.とにかく短期間で痩せたい!という時の方法

多くの人は「細かい事は気にせず、とにかく最短最速で痩せたい!」と思っているのは確かです。

そんな“痩せるスピードを重視する人”にオススメなのが【金森式ダイエット】です。

 

このダイエットは4つのステップに分かれます。

ステップ0:不要な調味料、加工食品、穀物類を捨てる

 

ステップ1:断糖高脂質の食事に切り替えて、脂質からエネルギーや栄養素を取り入れるようにする

 

ステップ2:サプリメントで栄養を補給する
→特にビタミンやミネラルなど代謝を上げるものを摂取する

 

ステップ3:3食ではなく1.5食に減らして、たんぱく質を1食だけ取るようにする

→0.5食はプロテインを摂取するなどです^^

 

ケトジェニックダイエットと似ているが、こちらはたんぱく質の量も最低限の摂取量に制限するのが特徴。

 

メリットは主に3つあります。

①太る原因のインスリンの分泌を極力出さないのでとにかく痩せる

 

②脂質を摂取するので空腹感が少なくて済む

 

③歯周病など糖質摂取による病気を防ぐ

 

 

一方、デメリットは2つあります。

①痩せられる分、筋肉も落ちてしまう
→たんぱく質もインスリンを出すと考えているので、たんぱく質も最低限の量しか摂らないので最速で痩せられる分、筋肉も落ちてしまうリスクがある。

 

②やめるとリバウンドしやすい

ケトジェニックと一緒で、やめるとリバウンドする可能性が高いので、このダイエットは“一生続けること前提”で行う必要があります。

 

以上のことから、とにかく最速で痩せたい人はこの方法を実践するといいでしょう^^

参考本↓

 

7.健康的に痩せたい人向けの方法

健康的に痩せたいという人にオススメのダイエット法。

それは【完全無欠食ダイエット】がオススメです。

 

これはおなじみの『シリコンバレー式最強の食事法』のことです。

ルールは以下の4つです↓

①朝は完全無欠コーヒー(バターコーヒー)のみを飲む

 

②昼食は前日の15時間~18時間後に摂り、昼食から夕食は6時間以内に摂る

 

③昼食は高たんぱくと良質な脂質を摂る

 

④夕食は野菜+30g程度の炭水化物を摂る

 

こちらも半日断食と似ていますが、1日の食事内容をきっちりと決められているのが特徴です。

ポイントとしては、人によっては合う合わないがあるので、昼食と夕食でしっかり食事制限をしないと太る場合があるので注意が必要です。

 

参考本↓

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は7つのダイエット法を紹介しました。

 

ダイエットにはさまざまな方法があります。

各ダイエットのメリット・デメリットをしっかり把握して、あなたに合ったダイエット方法をみつけてくださいね^^

 

最後にこれまでのダイエットをまとめておきますね↓

①あれこれ考えるのが面倒くさい人向け

日断食ダイエット

 

②一生使えるダイエットがいい!

→パレオダイエット

 

③炭水化物大好き!

→テキ村式ダイエット(脂質制限)

 

④ジューシーなものをたべたい!

→テキ村式ダイエット(糖質制限)

 

⑤筋肉を落とさず、効率的に痩せたい!

→ケトジェニックダイエット

 

⑥とにかく最短で痩せたい!

→金森式高脂質ダイエット

 

⑦健康的に痩せたい!

→完全無欠食ダイエット

 

あれこれ考えるより、まずはこれらの中から自分が興味を持ったダイエットを実践してみてください。

ダイエットは考えるより、なにより行動することが一番大事です!

 

とにかく、ここからすぐに行動を起こして実践していきましょう^^

本日の記事は以上になります(^▽^)/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です