ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

月曜断食 VS 1日1食 確実に痩せるのはどっちだ!?

月曜断食 VS 1日1食 確実に痩せるのはどっちだ!?
トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

 

以前、僕はTwitter上でこんなことをつぶやきました↓

今話題の【月曜断食】と僕が実践している1日1食についてです。

速い話、どちらも24時間断食していることに変わりはないってことですが。

 

そこで月曜断食についていろいろ調べた時、僕はふと思ったことがあります。

「これって本当にリバウンドなしで痩せるのか?」

 

僕の直感では、月曜断食は痩せないと感じました。

ひょっとすると、この方法は結果を出せないダイエットかもしれません。

 

そこで今回は、月曜断食について解説して、1日1食とどちらが痩せやすいか比較検討しようと思います。

この記事を読めば、月曜断食と1日1食の両方を理解することができます。

 

なので、あなたのダイエットに必ず役に立つ情報なので、最後まで読んでくださいね^^

 

月曜断食とは?

まず、月曜断食について簡単に説明していきますね。

月曜断食とは、月曜日だけものを食べずに水分のみを摂って断食するというダイエット方法です。

 

方法をまとめると以下のようになります↓

◎月曜日:水だけを飲む日(1日1.5~2L)

・24時間断食状態にする。

・炭酸水、コーヒーやお茶もNG

【理由】:胃の粘膜を刺激して空腹感を促してしまうから

 

◎火〜金曜日:体に必要な栄養素を摂る「良食日」

・朝は基本は旬な果物やヨーグルトを食べて胃を活性化させる。

・昼はおかずのみで糖質の量に気をつける。

・夜は野菜料理をメインにしてスープや蒸し料理などにする。

※根菜は基本とらない。

 

◎土・日曜日:好きなものを食べる「美食の日」

・ご飯やパン、パスタなどの糖質も食べていい。

・ただし1食あたり“咀嚼した量で拳1個から2個分までの量”に調整する。

・酒は蒸留酒ならO.K!

 

【その他の注意点】

・水は基本的に毎日1.5~2L飲む

・食べ過ぎた日の翌日は【夜断食】を実践(朝昼はこれまで通りでいい)

夜は12時までに眠る

ここで月曜断食のメリットをあげるとしたら、アンチエイジング効果がある、簡単にできる、好きなものが食べられるといった部分ですね。

逆にデメリットといえば、空腹が辛い、一生継続ができない、筋肉量が減るという部分が大きいと感じます。

 

まぁ、断食ではおなじみのポイントという感じでしょうね。

では実際にやっている人はどんな感じになっているのでしょうか?

 

月曜断食を実践している人の様子を調べてみると、あることが分かりました。

 

月曜断食はハッキリ言って意味がない!?

月曜断食をしている人の様子を調べているといろいろな状況が分かってきました。

月曜断食を実践している人を見て僕が思った事を簡単にまとめると、こんな感じです↓

・スイーツやジャンクフード食べまくって痩せられていない

→それじゃあ太るよという量を普通に食べてる

 

・圧倒的に運動する量が少ない

→運動しなくても痩せられると勘違いしてない?

 

・美食の日でドカ食いしてるから、結局意味がなくなってる

→負の無限ループ状態になってるなぁ(>_<)

 

・「痩せないのは夜のお酒(一応平日は禁止)とたんぱく質摂り過ぎのせい?」

→「何言ってるんだ?」( ̄ω ̄)?

 

・正しい知識を全然身に付けてない人が多すぎる

→何か行き当たりばったりなやり方になってない?

 

・みんなお腹いっぱいになるまで食べてる

→いや、拳2個分の量ってルールでしょ^^;

 

とまぁ、思わずため息が出るようなことばかりで驚きました^^;

つまり月曜断食をしている人の特徴として、ちょっと知識を知っただけで知識を身に付けたという勘違いと、実践することによって自分が成功した気になっているという状態に陥っている人がとにかく多い!

 

僕がハッキリ言えることと言えば、

お前らダイエット舐めすぎ!

ということです。

 

これでは一生痩せることなんて絶対に無理です。

間違いなく継続できません。

絶望的に時間を無駄にするだけです。

 

断食をする上で大事なことは、短期間でする断食は“断続的に行わないとまったく意味がない”という事です。

例えば12時間のプチ断食をするなら、毎日実践しないと効果が出ないという感じです。

 

ましてや、月曜だけ24時間断食することで、劇的な効果が出ると思いますか?

誰がどう考えたって無理だろ!と思いますよね?

 

それなら僕が日常で取り入れている1日1食の方がまだマシです。

これもある意味、24時間断食を毎日行っている状態と変わりありません。

 

それに食事量に気をつければ、好きなものを食べても大丈夫です。
(ただしお酒はダメですよ!)

それにプリズナートレーニングという自宅でできる筋トレとHIITを組み合わせた運動をすれば、月曜断食よりはるかに最短最速で効果が出てきます。

詳しい方法はコチラ↓

プリズナートレーニング

社会人のための究極の自重トレーニング「プリズナートレーニング」【動画解説付き】

HIITトレーニング

サラリーマンのダイエットに効果的!HIITトレーニングを始めよう!

 

しかも、これらの運動方法はすべて実践しても1日20分以内でできてしまうほど短時間でできます^^

別に1日1食だからといって、体が危険な状態になるなんてことはないですからね。

 

僕はリバウンドしないためにこの方法を1年以上実践していますが、これまで身の危険を感じた状態になったことは1度もありません。

1日1食は危険と言うことはありませんし、むしろどんどん体が健康的になっていきます。

 

あと月曜断食で気になることと言えば、月曜以外は毎日3食摂っていることや、美食の日とされている週末にお酒を飲んでもO.Kという意味不明なルールがあるという点です。

太る最大の原因はインスリンの過剰分泌によるホルモンバランスの崩れです。

 

簡単に説明すると、インスリンが分泌されると、体はいざという時に使うエネルギー源として糖質を体脂肪として体に溜め込んでいきます。

これが太るメカニズムです。

 

なので、食べものを食べれば当然インスリンが分泌されます。

糖質制限していても、モノを食べればインスリンは分泌されます。

 

そのインスリンの分泌量を抑える唯一の方法が“モノを食べない時間を多く取ること”

そう、断食をすることが唯一の方法なんです。

 

断食をすることによって体は糖質が足りないと感知して、その代わりに体脂肪をエネルギーとして使うので、余分な体脂肪が燃焼されていくというわけです。

 

でも月曜だけ断食をして、それ以外の日は軽いもので3食O.K、週末は好きなものを食べてお酒を飲んでもO.Kって言われて本当に痩せると思いますか?

たぶん、ほとんどの人はそこまで真剣に運動していないと思うので、痩せることなんて当然できないことがハッキリ見えますよね?

 

その分、1日1食だと毎日最低でも16時間以上は断食状態を作れます。

断食で脂肪燃焼効果が出てくるのは、最低でも断食して16時間以上経ってからだと言われています。

 

1日1食なら毎日このような脂肪が燃焼しやすい状態になるので、食事管理をしっかりして、適度な筋トレと有酸素運動を継続すれば月曜断食をするより効率的です。

どうせ断食をやるなら、1日1食スタイルにして毎日実践した方がよっぽどマシです。

 

月曜断食で「1ヶ月で5~7kg減」という部分がピックアップされていましたが、あれは全員ができるというわけではありませんからね。

痩せるどころか、体重は全然減らない、むしろリバウンドすると感じます。

 

それでも月曜断食の方が楽だからって言うなら止めはしませんが。

 

やるなら1日1食が断然いい(まとめ)

これまで月曜断食について辛口であれこれ言いましたが、月曜断食と1日1食のどちらかをやるとなったら、あなたの正直な気持ちはどちらでしょうか?

迷っているなら、僕は1日1食を提案します^^

 

あなたの目標は「確実に痩せること」だと思うので、本格的に1日1食を日常に取り入れてる方がオススメです。

1日1食なら僕も実践しているので、分からないことがあればどんどん質問してくれて構いません^^

 

体が慣れるまでの最初の3日間は辛いと感じるかもしれませんが、3日以降は自然と空腹感を感じなくなって、体が楽になってきます◎

そこから体の変化をとても実感することができるので、上記の運動を取り入れて、一気に脂肪が燃えやすい体質に変えていきましょう!

 

お酒を飲んでもいいという意味不明な月曜断食より、僕が提案する1日1食にして、効率的な運動方法をしている方が確実に痩せることができます。

なので、1日1食をすることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

世の中の情報を鵜呑みにせずに、正しい情報を手に入れ、正しい知識を身に付けられるようにしたいものですね。

本日の記事は以上になります(^▽^)/

P.S

1日1食の詳しいことはこちらに書いてるので参考にしてください↓

1日1食スタイル

1日1食生活を取り入れて、中年太りを解消しよう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です