ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

空腹こそがダイエット成功の秘訣!?半日断食ダイエット法を取り入れよう!

空腹こそがダイエット成功の秘訣!?半日断食ダイエット法
トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

以前、僕はいろんなダイエット方法を紹介した記事を書きました。

あなたに合ったオススメのダイエット法は?

あなたに合ったオススメのダイエット法を見つけよう!

 

その中で、簡単に紹介した方法の中で「半日断食ダイエット法」を紹介しました。

実はダイエットの食事管理において、断食を取り入れることはとてもメリットがあります^^

 

今回はダイエットの食事管理に断食を取り入れることで得られる効果やメリットと、1日3食がいかに体に悪いかという2つの点から解説しますね。

この記事を読めば、ダイエットで断食を取り入れるべき理由と、1日3食は体に思わぬ悪影響を及ぼすということが理解できますので、ぜひ最後まで読んでくださいね^^

 

1日3食しっかり食べることの問題点

ダイエットにおいて「1日3食しっかり食べることが健康的な食事法だ」ということが世の中の健康的な価値観となっていますよね。

ちなみにあなたは、1日何食食べていますか?

 

おそらく、3食しっかりと食べている事でしょう。

しかし、3食しっかり食べると体にはある問題が次から次へと起こってきます。

 

なぜ3食しっかり食べると、体にいろんな問題が起こるのでしょうか?

その理由は主に2つあるので説明しますね。

 

①内臓が十分に休めない

1日3食をしっかり食べる習慣では、胃腸などの内臓系がまったく休むことができない状態になっています。

そのような状態がずっと続くと、当然内臓系を疲れさせてしまい、それが原因で体調不良を引き起こしやすくなるのです。

 

人はものを食べた時、食べものが食道を通って胃で消化されるのに平均2~3時間かかり、脂質が多いものだと4~5時間程度かかると言われています。

また、小腸は胃から運ばれてきた消化物を5~8時間かけて消化物を分解し、水分と栄養の8割を吸収します。

 

そして大腸は、小腸で吸収されなかった水分を15~20時間かけて吸収します。

しかし1日3食を食べた場合、朝食から昼食までの食事の間隔が4~5時間、昼食から夕食までの間隔が6~7時間までとなるので、前に食べたものがまだ胃や小腸に残っている間に次の食べ物が運ばれてきます。

 

そうなると、胃は休む間もなく常に消化活動をしなければならなくなるので、どんどん疲弊してしまうというわけです。

 

胃が疲弊するとどうなる?

この状態が続いて胃が疲弊してしまうと、体にはどのような事が起こるのでしょうか?

以下のような特徴があります↓

①食べ物からきちんと栄養分を摂取できなくなる

→ビタミンやミネラル、微量元素不足などに陥り、体が疲れやすくなったりし、肌や髪のコンディションが悪くなったりする

 

②胸やけ、胃もたれ、食欲不振が起こりやすくなる

 

あなたが特に感じるのは②の方が多いのではないでしょうか。

このように胃が疲弊すると、体のあちこちで異常な変化が見られるようになってきます。

 

②食べ過ぎ

1日3食をきっちり食べると、あなたが気が付かないうちに食べ過ぎを招いてしまうことがあります。

理由は、決まった時間に食事をすると、前の食事が高カロリーだった場合だと、本当は体がエネルギーを必要としない時に食事を摂ってしまい、結果的に食べ過ぎになってしまうことがあるからです。

 

さらに胃は伸縮性があるので、食べた分だけ大きく膨れ上がっていきます。

そうなると、普段から慢性的に食べ過ぎている人の場合、胃が大きく膨らんだ状態が当たり前の状態になっているので、本来体が必要としている以上の量を摂ってしまいます。

 

これがさらに太ることに拍車をかけているということですね^^;

なので、よほど無理やり食べ物を詰め込まない限り、食べ過ぎていることに気が付いていないという状態になっているのです。

 

あなたはどうでしょうか?

気が付いたら、必要以上に食べ過ぎているということになっていませんか?

 

食べ過ぎるとどうなるの?

ものを食べ過ぎると、体の中である変化が起こるようになってきます。

それは体内の活性酸素を増やしてしまい、これが原因で老化やさまざまな病気を引き起こすことになります。

 

ちなみに活性酸素は体内のDNAや細胞を傷つけてしまう働きがあります。

となると、活性酸素が必要以上に増えると細胞の老化が進行し、肌のシワやシミの原因になり、場合によっては癌なども引き起こしてしまうリスクがあります。

 

このような問題を解決するには一つだけ方法があります。

それが“空腹の時間を多く作ること”です。

 

次に空腹時間を作る理由とその効果について説明していきますね。

 

空腹時間を作る理由と効果とは?

ではここから半日断食ダイエットのやり方を解説していきますね。

まずは実践するにあたってのルールですが、守ることはたった一つ。

 

それは【睡眠時間を8時間取る+空腹時間を8時間取る】

合計16時間の空腹時間を作ることです。

 

このルールに沿って実践することで、体がリセットされ、心身ともに若々しく健康的になることができます^^

なぜこのような効果が出るのでしょうか?

 

それは、最後にものを食べてから10時間ほど経つと、肝臓に蓄えられていた糖が無くなり、脂肪が分解されエネルギーとして使われるからです。

また16時間以上経つと、“オートファジー”という機能が動き始めます。

 

オートファジーとは簡単に言うと、古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらすための仕組みです。

これが起こると、体の中の不要な物や老廃物が一掃され、細胞や器官の機能が活性化されるので、病気になりにくく若々しい体になれるというわけです^^

 

さらにオートファジーは、体内に侵入した病原菌を分解・洗浄してくれる働きもしてくれます。

これは健康において欠かせない仕組みでもあります。

 

以上のことをもう一度まとめるとこうです↓

・ものを食べない時間が10間以上あると脂肪の分解が始まる

→さらに16時間以上経つと、オートファジーが働き健康的になる

 

次に空腹時間にを作ることで得られる効果を簡単に説明していきますね。

 

空腹時間を作ることにより得られる効果

空腹時間を作ることで、あなたの体には一体どんな効果が得られるのか、大きく3つあります

①内臓の働きを活性化させる

空腹時間を作ることで、内臓がしっかり働いてくれるようになるので、下痢や便秘、アレルギーや体調不良などが改善される

 

②脂肪の分解、血流の改善で生活習慣病をまとめて遠ざけてくれる

先ほども説明した通り、10時間以上経つと脂肪の分解が起こり、エネルギー源として使い始める。

→空腹時間が長ければ長いほど脂肪を分解してくれる。

また、体内の脂肪が減ると血液中の脂肪も減るので、圧迫されていた血管が解放される。

→そうすると、血液や血管の状態が改善され、高血圧や血行不良に伴う体調不良も軽減される。

また内臓脂肪が減ることによって、生活習慣病の予防にもなる。

 

③オートファジーで、若々しく健康的な体を手に入れる

先ほども説明したが、オートファジーによって、体の中の不要な物や老廃物が一掃され、細胞や器官の機能が活性化されるので、さまざまな病気の予防効果が発揮される。

主に以下のような病気の予防になる↓

・癌や糖尿病などの生活習慣病

・アルツハイマー型認知症

・感染症

などの予防効果が期待できる

また、肌や筋肉などの老化防止の効果もあると言われている。

 

以上のことから、空腹は1日3食の習慣による食べ過ぎが体に与えたダメージをリセットしてくれて、体の内部から細胞や内臓の機能を蘇らせてくれます。

これが空腹こそが最強と言われているゆえんです。

 

では最後に、空腹時間をつくるテクニックを説明していきます。

 

空腹時間を作るテクニック

ではここから、あなたも簡単に実践できる空腹時間をつくるテクニックを説明していきますね^^

ルール

先ほども言いましたが、半日断食ダイエット法のルールはたった一つです。

【1日8時間睡眠+空腹時間を数時間確保する】

計16時間の空腹時間を設けることです。

 

例えば寝る4時間前までに食事を済ませ、8時間寝て起きたあとの4時間後に朝食を食べるといった方法がオススメとされています。

それに寝ている時間は空腹に耐える必要がないので、朝起きてから4時間後に朝食を取るようにすれば、16時間の空腹時間を作ることが可能になります。

 

いきなり毎日実践するとなるとモチベーションが上がらないと思うので、まずは週1回、週末するだけでも体のリセット効果を実感できます^^

なので、まず始めるなら週に1回から始めてみるのがいいでしょう。

 

それでも16時間の空腹に耐えるなんて無理!という場合は、素焼きのナッツ類であればいくらでも食べて構わないそうです。

ナッツ類の特徴としては、

・低脂肪

・塩分も少ない

・良質な脂肪

といった特徴があるので、血糖値の急激な上昇を抑えつつ、少量で満腹感を得やすい効果があります。

 

「でもナッツ類だと高カロリーで高脂質なので、ダイエット中に食べるのは良くないんじゃない?」

と思われるかもしれませんが、あまり気にする必要はありません。

 

なぜなら、空腹力が身につくまでの間、一時的に食べるものであり、長期的に食べ過ぎることがないからです。

この空腹力を徐々に鍛えていくことで、次第に我慢できないほどの空腹感を感じることはなくなってきます。

 

なので、一時的な空腹感を満たす意味で、ナッツ類で空腹を満たすようにしてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

ではここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

1.空腹を16時間以上(睡眠時間8時間+数時間の空腹時間)確保する

→内臓を休めることで、下痢や便秘、アレルギーや体調不良などが改善される

 

2.空腹10時間以上で脂肪燃焼効果、16時間以上でオートファジーの効果により細胞が新しく生まれ変わるので、アンチエイジングに効果的である

 

3.空腹時はナッツ類で対策、16時間経過したあとの食事は何を食べてもいい。

→ただし食べ過ぎに注意しましょう(腹八分目を意識しよう!)

 

 

ということで、半日断食ダイエットはあなたの体を超絶健康的にするだけでなく、アンチエイジング効果ももたらして、いつまでも若々しくしてくれるというメリットもあります。

空腹はさまざまな健康をもたらしてくれるので、ぜひあなたのダイエットにも取り入れてくれたらなぁと感じます。

 

そうすれば、見た目が不健康に痩せるよりも、ずっと健康的で魅力的な姿に変身できるので、興味があれば実践してみてくださいね◎

さらに詳しく知りたいなら、以下の本で解説されてるので、読んでみてください↓

本日の記事は以上になります(^▽^)/

 

P.S

僕の場合は、24時間の間欠的ファスティング(断食)を実践しています。

これを取り入れたので、僕の生活スタイルも1日1食になっていったというわけです。

 

また、短期間のファスティングは断続的に行わないとあまり効果を発揮しないそうです。

なので、もし断食をするのであれば、断続的に継続することをオススメします。

 

僕が1日1食にするきっかけとなったのが以下の本を読んだからです。

この本も断食を推奨して、太らない体作りの主な実践方法を解説しています。

 

それに太るメカニズムも細かく解説されているので、一緒にこの本も読んでほしいと思います。

必ずあなたのダイエットに役に立つ一冊です^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です