これで正月太りを防止!年末年始の体重増加対策

年末年始の体重増加対策
トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

仕事も休みに入り、毎日の忙しさを忘れさせてくれる年末年始。

だからこそ、今まで我慢してきた欲求が一気に爆発する時期でもあります。

 

特に年末年始は心身ともにリラックスし過ぎて、ついドカ食いをしてしまって正月太りで後悔。

今回こそは、年末年始の楽しみのあとの正月太りに悩まされないように、いろいろと対策を紹介していきますね!

 

この記事を読めば、正月太りを防止して楽しい年末年始を送ることができますよ^^

 

正月太りの原因はズバリこれだ!

お正月を過ぎると体重が増加してしまってダイエットを始める人が多いですよね。

お正月はおせち料理やその他の豪華な料理が毎日あり、また親戚などが集まって皆でワイワイしながら宴会する機会が増えたりと、飲食を楽しむ回数がいつもより増えますよね。

 

お正月になると以下のような感じになってませんか?

・初詣以外の外出はしない

・テレビを見ながらゴロゴロしている

・夜更かしをしてお昼まで寝ている

・自宅にお客様がよく来る

・日頃の運動も休みがちになる

・年末に食材をたくさん買い込む

・お餅やお菓子を毎日食べまくる

・テーブルの上には食べ物がずっと置いてある

・「お正月だから」が口癖になる

・正月が明けても食欲が止まらない

これだけ楽しい時間を過ごす反面、どうしても太りやすくなってしまうのも事実です。

また、正月休みになるとどうしても毎日ぐーたらしてしまい、運動なんてほとんどしないかもしれません^^;

 

正月太り対策の3ポイント

正月太りを防ぐために、僕なりの対策を紹介していきますね^^

①食事は糖質制限を意識する

お正月といえば”おせち料理”ですが、やはりおせち料理は塩分や糖質がかなりの量で入っています。

なので、あなたが本気で正月太りを阻止したいと思うなら、食事に関しては心を鬼にして常に糖質制限を意識した食事管理をしなければいけません。

 

といっても、せっかくのお正月。

やはりおせち料理は食べたいですよね。

 

そこで僕からの提案ですが、糖質を1日80gまでに抑えることを意識して、少しずつの量で食べることを実践してみてください。

あと【お餅は1日に1個に留める】こと。

 

お餅の個数を抑えるだけでもかなりの糖質を防げます。

しかし調子に乗ってお餅を1日に2個、3個と食べるとあなたは確実に年明けからデブ確定です。

 

新年早々デブな状態からスタートするって何か嫌じゃないですか^^;

それに正月太りをしてしまって、そこから痩せるぞ~って意気込んでダイエットを始めても、そう簡単には痩せません。

 

だから年末年始から食事管理をしっかりして、事前に正月太りを防止するように意識していきましょう^^

 

②運動はHIIT

正月太りは食べすぎだけが原因ではありません。

もう一つの原因として体を動かすことをせずに毎日過ごすことも太る原因ではないでしょうか。

 

やはり運動もしないと、体はますますデブに向けて突き進んでいってしまいます。

そんな中、僕が毎日の生活に取り入れているHIITをするのがオススメです。

 

HIITなら【1日4分間するだけ】でも脂肪燃焼効果が高まります。

ただし、もうこれ以上体が動かないというくらい全力で行わないとまったく効果が出ません。

 

三が日は何もやることがなく過ごすというなら、正月太り防止のために4分間だけでもHIITをする方がよっぽど有意義です。

 

またHIITをすることによって「アフターバーン効果」というものが発生します。

この現象はHIITなど短時間で激しい運動をした後にも脂肪燃焼効果が持続する状態になるということです。

 

運動後も脂肪燃焼効果が持続するなら、正月太りを恐れることはないですよね^^

だからHIIITを取り入れることは、あなたにとってもすごくメリットがあるんです◎

 

なので、正月の三が日の隙間時間でHIITをして心身ともにリフレッシュしましょう^^

初心者向けのHIITの解説をこの記事でしていますので、あわせて読んでみてください↓

初心者用HIITメニュー

 

③1日1食スタイルを実践してみる

年末年始になると不規則な生活になりがちですよね。

おせちやお菓子など、正月はいつもと違っていろんな食べ物がたくさん置いてあるかと思います。

 

そんな年末年始の独特な環境による影響で、起きた瞬間から何かを食べるといった生活になってませんか?

こうなると当然、食事のタイミングも不規則になってきます。

 

そこで豪華なごちそうやお菓子を食べると、一気にデブに変身するのは言うまでもないでしょう。

だったらその不規則な生活を逆手に取る感じにしてみてはいかがでしょう?

 

つまり【1日1食】にするということです。

起きていきなりはご飯を食べることができないと思います。

 

だったら朝や昼間は水分補給で過ごし、夕食の時間帯に食事するという感じで1食だけにする方がまだマシです。

体の余分な体脂肪を効率よく落とすには【食べない時間を多く取る】ことです。

 

つまりファスティング(断食)です。

ファスティングを長時間することで、体はエネルギーを補給しようと働きます。

 

しかしエネルギーとなる糖分などが枯渇していると、今度は体の体脂肪をエネルギーとして使い始めます。

これで体は長時間の空腹期間を設けることで脂肪が燃焼しやすい体質に変わっていくのです^^

 

つまり、1日1食だと【24時間断食状態になる】ということです。

また、体脂肪が燃焼し始めるのは断食開始から18時間~24時間後に脂肪燃焼効果が上がり始めます。

 

太ることを防止する意味でも、モノを食べない時間が長ければ長いほど脂肪が燃えやすい体質に変わっていくのです。

 

「3食しっかり食べないと体に悪い」というのはまったくのウソです。

むしろ3食を食べる方が内臓に負担をかけてしまうし、肥満のもとになるので、むしろ不健康的です。

 

また断食はデトックス効果もあるので、食べ過ぎた翌日などに断食を行うことで前日の食べすぎをリセットすることもできます。

だから1日1食の方が、実は太らない体作りやいつまでも健康的にいるための体作りには最適な方法なのです。

 

新しい年を迎えるにあたって、何か新しいことを始めるのもいいかもしれません^^

ということで、三が日はぜひ1日1食を実践してみてください。

 

1日1食のメリットなどはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。

1日1食スタイル

 

新年と共に理想のカラダ作りへ...

以上で僕なりの正月太りを解消するための3つの対策を紹介してきました。

毎年わかっていても、つい食べすぎて正月太りに陥ってしまうあなたにとって、これをするだけでも今までの状況とは全然ちがうものになります。

 

せっかくの年末年始を楽しく過ごすためにも、ぐーたらな生活にならないようにすることも大事です。

一度太ってしまうと、そこから元の体重に戻すには相当苦労することになります。

 

厳しい事を言うと、楽に痩せれることはまずありません。

だからこそ、事前に正月太りを防止することがとても重要です。

 

今回の3つの対策をぜひ今回の年末年始に実践してみてください。

きっと役に立ちますよ^^

 

本日の記事は以上になります(^▽^)/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です