48時間ファスティングと低炭水化物食で1週間で-2.7kg達成したんだが(笑)

低糖質・高脂質食
トッシー

こんにちは!
【社会人ダイエットコンサルタント】のトッシーです!

現在は減量に励んでいる僕ですが、

ここ最近、思うように減量できずにいました。

 

運動はいつもの通りのメニューをこなしていました。

プリズナートレーニングで筋トレ、有酸素運動はHIITです。

 

食事管理は1日1食でしたが、

減量優先ということもあり、

糖質制限を積極的に行っていました。

 

しかし何日か経っても、

思うようなペースで減量できなかったんです。

 

ちょっとしたスランプです。

ヤベえ、このままではマズい...

 

そこで、この悪い状況を打開するため、

改めて食事管理を見直すことにしたのです。

 

そこで注目したのがファスティングです。

そしてある本が目に留まります。

 

その本に書いている内容を実践したら超ビックリ!

今までのスランプが嘘のようにスルスルと減量することができたのです。

 

その本とは、

僕がファスティングを取り入れるキッカケを作った

ジェイソン・ファン氏の著書

【トロント最高の意思が教える世界最強のファスティング】

という本です。

↓↓↓

 

ジェイソン・ファン氏の本は、

科学的根拠がしっかり書いてあり、

納得できる内容が多いので個人的に好きです。

 

この本に書かれているファスティング法と食事方法で、

【1週間で-2.7kg】

という驚異のスピードで減量に成功しました!

 

開始時の体重と体脂肪率は以下の通りです↓

【開始時】

体重:54.4kg 体脂肪率:14.5% 

 

【1週間後】

体重:51.7kg 体脂肪率:11.5%

 

【結果】

体重:-2.7kg 体脂肪率:-3% 

 

そこで僕が実際にやったことは何かというとですね...

・【48時間ファスティング】を週3回取り入れる

・低糖質・高脂質食に切り替える

・運動はいつもの通りのメニューをこなす

 

・・・ハイ、たったこれだけのことをしただけです(笑)

 

ただ、ファスティングの時間を伸ばして、

食事は糖質を今まで以上に抑えて、

その分、脂質をしっかり摂っただけ。

 

例えばこんな食事です↓

低糖質・高脂質食

 

糖質は野菜からほんの少し摂る感じです。

そして肉、魚、卵、乳製品などから脂質をしっかり摂る。

 

ちなみに今まで食べてきたオートミールや豆類も、

実は高炭水化物食なので摂取をやめました。

 

この辺はケトジェニックダイエットと大差ないかと。

でもこう見ると実践内容はもの凄くシンプルですね。

 

しかしこの方法を取り入れただけで、

あっさり減量したという事実。

 

知識不足は本当に怖いということを実感しました...。

 

ちなみに健康面もまったく問題なし。

むしろエネルギーがみなぎる感じでいつも以上に元気!

 

これにはちゃんとした理由があります。

それは、ファスティングを長時間すると、

アドレナリンの分泌量がいつもより増えるからです。

 

またファスティングをすると筋肉が減るとよく言われます。

でもこれも大きな誤解。

 

ファスティングを長時間していくと、

成長ホルモンの分泌量も増えていくので、

筋肉量のアップや骨粗鬆症の防止にもなるんです。

 

また、こんなに減量がスムーズにいったのは、

食べないことでインスリンの分泌量が減り、

糖質が枯渇した体が体脂肪をエネルギーとして使い始めたからです。

 

さらに長時間のファスティングをすることで基礎代謝量も上がります。

運動すれば効率的に体脂肪が減るのも納得です。

 

つまり正しいファスティングをやって、

【効率的に体脂肪を減らせることができた】

という当たり前の結果が出ただけ。

 

今までの苦労は何だったのか..._| ̄|○

しかし、この実践からたくさんのことも学べました。

 

特に感じたことは、

【運動してカロリーを消費しても体脂肪は減らない】

ということです。

 

【運動よりも食事内容を徹底的に見直すことが大事】

これ、本当に痛感しました。

 

ダイエットは食事が何よりも大事とよく言われますが、

これについては間違いありません。

 

それまでの僕は【1日1食】という食事スタイルでしたが、

食べる内容はというと、炭水化物をかなり摂っていたなと。

 

例えば主食として食べてたオートミール。

精製されていない穀物としてダイエットでは有効な食材ですよね。

 

しかしファスティングに向いている低炭水化物の食事では、

オートミールや玄米さえも高炭水化物食となります。

 

なので残念ですが、これらも避けるべき食材なのです。

 

あとは豆類

この事実を言うと驚く人も多いですが、

豆類も意外と糖質が高い食材です。

 

僕も食物繊維を摂るために、納豆や枝豆などを食べていました。

でもこれも糖質が高いのでインスリンが分泌されてしまいます。

 

良かれと思って食べていたものが減量の妨げになっているとは。

ちょっとショックでしたね^^;

 

あ、でもナッツ類は問題ないので食べてます(笑)

 

その代わりに脂質をしっかり摂るので、

チーズやその他の乳製品は食べても良いし、

肉や魚もガッツリ食べれるので問題はないです。

 

たんぱく質と脂質をしっかり摂れば、

空腹感も感じることはほとんどありません。

 

なのでファスティング中も空腹に悩まされることもないです。

 

ファスティングと低糖質・高脂質食の2つの方法で、

いかにインスリンの分泌量を抑えるか。

 

ものを食べない時間を増やすことでインスリンの量を抑え、

糖質を体脂肪として蓄えることを阻止する。

 

そして糖質の代わりに余分な体脂肪をエネルギーとして使い、

効率的に減量をしていく。

おまけにファスティングで基礎代謝量も上がるのでなお良し◎

 

ファスティングがもたらす減量の威力を実感して、

僕はますますファスティングの魅力にハマりました。

 

それから今は48時間ファスティングが当たり前になってるので、

食事も1日1食から”2日に1食”になりつつあります。

 

「どこかの修行僧かよ!」って思われるかもしれませんが(笑)

食費も節約できて効率的に減量もできるから一石二鳥でいいです。

 

もし今、ダイエットで思うように減量できていないなら、

一度この方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

最後にもう一度、紹介した本のリンクを貼っておきますね↓

 

状況を打開したいのであれば、

この本を読んで正しい知識を身につけ、

どんどん実践していってほしいです^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です