ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

【逆算思考】を用いて5ヶ月で25kgの減量に成功した話

【逆算思考】を用いて5ヶ月で25kgの減量に成功
トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

僕は「ダイエットは戦略がないと失敗しやすい」ということを何度もお伝えしてきました。

それはダイエットに失敗している人の共通点として「ただ何となく」ダイエットをしているからです。

 

だから僕は口を酸っぱくしてしつこく戦略が必要だよ~って主張しているわけです(笑)

そして特にあなたに覚えておいてほしい考え方があります。

 

それが【逆算思考】です。

今回はこの逆算思考を用いてダイエットを簡単にする戦略のお話をしていきます。

 

これを読めば、あなたが戦略的にダイエットを実践できて、しかもダイエットが超簡単になるので、ぜひ最後まで読んでくださいね^^

 

逆算思考とは?

では逆算思考って何なの?ということから説明していきますね。

逆算思考とは、先にゴールを設定してそのゴールから逆算して必要なプロセスを計画します。

 

計画を立てたら、その計画通りに実践することで最速最短でゴールにたどり着くための思考法です。

この逆算思考を取り入れればダイエットが簡単になり、ダイエット成功までの道のりを簡単に設定することが可能になるのです。

 

実はこの逆算思考を使ってダイエットを進めたことで、僕は5ヶ月で25kgの減量に成功したのです^^

 

では実際にどのように計画して25kgの減量を達成したのかを紹介していきますね。

 

当時ダイエットをするときに立てた戦略(逆算思考を用いた例)

当時の僕は体重80kgのデブでした。

でも高校生の時、一時的に痩せていたことがあったんです。

 

その痩せていた当時の体重が【60kg前後】でした。

なので当時の一番痩せていた60kgが僕のダイエットのゴール地点になります。

 

【目標】60kgを切ること

この目標を達成するために、ここからさらに細かく減量設定をしていきました。

 

僕がビリーズブートキャンプでダイエットを開始した当初は、やはりなかなか結果が出なくて毎日苦痛の日々を送ったことも確かです。

そこで挫折しないように、ストレスを感じない程度のペースはどのくらいなのか?ということを模索していました。

 

そしてわかったことが「1ヶ月で3kgのペースで減量すること」が自分がストレスなく運動を継続できるペースだということを確認することができました。

これをもとにさらに戦略を見直していきます。

 

【目標】60kgを切る

1ヶ月で3kg減量するペースでやれば自分はストレスなく継続できる

 

ここで僕はある仮説を立てました。

【仮説】

このペースでダイエットをしていくと約半年で20kgの減量ができて晴れて目標達成できる

 

そして逆算思考を使って練った戦略は最終的にこうなりました↓

【目標】60kgを切る

1ヶ月で3kg減量するペースでやる

→このペースでダイエットをしていくと約半年で20kgの減量できる

→目標の60kg達成!v( ̄ω ̄)vワーイ♪

 

運動面に関しては、このルールを忠実に守ってビリーを実践していました。

戦略さえ立てることができれば“あとはやるだけ状態”です。

 

それに1ヶ月3kgの減量なら頑張ったら何とかできそうな範囲ですよね?

1ヶ月で5kg減量と考えてしまうと「難しいなぁ」と考えてしまって、モチベーションが下がってしまう原因にもなります。

 

でもこうやって逆算思考を用いて細かく目標を設定していくと、だんだんダイエットが簡単に見えてきませんか?

もしこれが【1ヶ月2kgの減量】だったとしたら、「これなら自分でもできそうだな」って感じますよね?

 

このようにゴールから計画を立てて、そのゴールに必要な要素を見出して1個ずつクリアしていくことで目標を達成することができるんです^^

 

でもダイエットで失敗しているほとんどの人は、いきなり極端な運動や食事制限を始めてから「とりあえず-10kgを目指します」という目標設定をします。

このような初っ端から目標設定がブレた状態でダイエットを進めていくと、なかなか結果が出ないことでモチベーションがだんだん下がっていきます。

 

最悪の場合、このような状況陥ると体重がちょっとでも増えてしまうと一気に心が折れて挫折してしまいます。

 

実は何か目標を達成する時は、このような逆算思考を用いて計画を実行していく方が成功しやすいのです。

何かに成功した人は必ずと言っていいほどこの逆算思考を用いています。

 

そうです、成功している人は考える順序が逆なんです。

ちなみに逆算思考ではこんな名言もあります。

計画は逆算でやるのが鉄則。

「アレをやってから次をやろう」と、積み上げ式の計画ではどんどん先延ばしになってしまう。

本田直之

 

「半年後の体重が減った自分よりも今日のスイーツ♪」といった感じで、先延ばしにしてしまうってことです。

 

ダイエットにおいては、できるかどうかわからないギャンブルではなく最初から勝算がある計画によって、日々の行動が出来上がっている方が成功する確率は圧倒的に高くなります。

ダイエットは「やってみなきゃわからない」という時点で失敗です。

 

だから僕はダイエットは戦略を立てることが大事ですよ~と、毎回これだけしつこく言っているわけです(笑)

 

でも今回この逆算思考を知ったあなたは、ダイエットは戦略を立てることが大事だということが理解できたのでラッキーだったと思いますよ^^

逆算思考を知ったことで、他の人よりも早く目標を達成できるようになります^^

 

ではせっかくなんで、当時の食事面の戦略も紹介しておきますね。

食事面においては逆算思考は使ってなく、単に仮説を立てて実行したまでなんですが参考になると思います^^

 

食事面での戦略

僕の現在の食事スタイルは1日1食です。

でもダイエットをしていた当時は3食きっちり食べる生活でした。

 

というのも、当時は糖質制限という概念がまだ世の中に浸透していなかった時代です。

その中でも「炭水化物は太りやすい」という情報はありました。

 

当時の僕と言えば、今までダイエットに対して全くの無関心な人間だったので、当然ダイエットに関しての知識は無知同然でした。

そんな僕はダイエットの食事面に関しての戦略は超単純な発想でした。

 

「炭水化物と脂質を摂らなければ痩せれるんじゃね?」

といった、今思えば危険極まりない超単純な発想^^;

 

じゃあこの発想のもと、自分がストレスを溜めることなく食事管理をするにはどうすればいいのか?という問題に直面します。

頭を捻ってウンウン唸りながら考えた結果はこうです。

 

「夜だけ炭水化物と脂質を徹底排除したヘルシーな食事をすればよくね?」

→理由:【夜にたくさん食べると太るから】

 

もう、ここまで単純な発想で我が道を行く自分に感動すら覚える。

ということで、夜だけ糖質制限をする食事スタイルを実行することになったのです。

 

しかしこれが偶然にも糖質制限になっていたという事実がのちに判明することになろうとは夢にも思ってませんでした(笑)

この戦略が功を奏して、ここから一気に体重を減らしていけるようになったのです^^

→結果的に戦略通りの結果を出すことに成功する◎
(ラッキーとしか言いようがない^^;)

 

このように、食事面も徹底した仮説思考に基づく戦略でダイエットを実行していきました。

そして結果はどうなったのでしょうか?

 

【結果】

【5ヶ月で25kgの減量に成功】

 

まさに「半年で20kgの減量ができる」という逆算思考のもとにはじき出した戦略が的中!

ほぼ仮説の通りの結果が実現したのです。

 

ここであなたに大事な事を言っておきますね。

逆算思考で練った戦略をもとに仮説を立てて実行すれば、その仮説は現実のものとなります。

 

ちなみに僕が最初に出した仮説は

【1ヶ月で-3kgのペースでいけば半年で20kgの減量を達成できる】でした。

 

結果は【5ヶ月で25kgの減量を達成】

ほぼ仮説の範囲になっていますよね?

 

これが【成功する】ということです。

 

どうですか?この考え方スゴくないですか?

 

逆算思考をもとに戦略を立てた方が、ダイエットはほぼ仮説通りの結果を出すことができるんです^^

しかも、ダイエットで失敗するというリスクを限りなく”ゼロ”にした状態です。

 

まとめ:今日から逆算思考を取り入れよう!

このように逆算思考と仮説思考を駆使して戦略を立てれば、ダイエットは簡単にすることができ、しかも確実に結果を出せるようになります。

逆に戦略なしにダイエットを実践することは100%の確率で失敗するといっても過言ではないということです。

 

だからダイエットにおいて、逆算思考と仮説思考を身に付けることが大事というわけなんですよ!

僕がダイエットは戦略を立てることは超大事だよ~って毎回言ってることが理解できたと思います。

 

この考え方を身に付けると、ダイエットがとても簡単にできると思えるようになるし、確実に結果を出せるという確信を得られます^^

なので、今日からこの逆算思考を用いてダイエットの戦略を立てていく習慣を身につけていきましょう^^

 

必ずあなたのダイエットに有効になるはずです◎

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です