ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

30代社会人がダイエットで圧倒的結果を出すための方法とは?

30代社会人が圧倒的結果を出すためのダイエット法
トッシー

こんにちは!
【社会人ダイエットコンサルタント】のトッシーです!

僕はこれまで一貫して

「忙しい社会人でもでも3ヶ月で-10kgを達成するダイエット法」

といった戦略や方法を提示しています。

 

事実、インターネットが普及した現代では、さまざまなダイエット法が日々目まぐるしくアップデートされています。

なので、仕事が忙しい社会人でも-10kgを実現するための様々な方法も確かに存在します。

 

しかしこういった発言をすると、必ず次のような反応をする方がいます。

 

「上手くいったのはたまたまラッキーが重なったからじゃない?」

「実行力が他の人よりずば抜けていたからだよ」

「そんな簡単にダイエットに成功できるわけがない」

 

残念ながら、そこには大きな誤解があるのも事実です。

僕も実際にダイエットに成功して気づきました。

 

真剣に取り組めば誰にでもダイエットに成功できるのです。

 

そこで今回は、そんな疑いを持つあなたに【30代社会人でも3ヶ月で-10kg】というような圧倒的結果を出すダイエット法をまとめたのであなたと共有していこうと思います^^

 

取り組むべき3つの要素

では、あなたが3ヶ月で-10kgを実現するためにはどのような方法を取り入れたらいいのか?

先に結論から言うと、僕が推奨している戦術は以下の3つです。

①プリズナートレーニング(筋トレ)

②HIIT(有酸素運動)

③1日1食(食事管理)

 

この3つの手法を取り入れた時のメリットは以下の通りです↓

・トレーニングが短時間でできる
→長くても【1日20分前後】でできる

 

・1日1食で集中力がずっと継続する
→頭が常にスッキリした状態+体も軽やかになる

 

・自己管理能力が上がるのでバリバリ仕事がこなせる
→仕事面での生産性が爆上がりで職場で活躍できる

 

【魅力的な人間に変身できる】=【モテる!】

 

 

ではここから、これらの3つの方法の特徴を解説していきますね^^

 

①プリズナートレーニング

仕事が忙しい社会人にとって、運動する時間が作れるかどうかがポイントになってきます。

そんなあなたにオススメなのが【プリズナートレーニング】です。

 

このトレーニングは究極の自重トレーニングと言われていて、器具も使わず、しかも少ない回数、少ないセット数でも筋トレの効果を上げることができます^^

プリズナートレーニングに関しては、こちらの記事で動画付きでまとめているので参考に読んでみてください↓

プリズナートレーニング

 

そこであなたが鍛える部位は主に以下の4つをオススメします

・腕立て伏せ(胸筋+腕)

・スクワット(下半身)

・レッグレイズ(腹筋)

・ブリッジ(背筋)

 

この4つを選んだ理由は、この4部位に大きな筋肉があるからです。

特にこの4部位の筋肉を鍛えることで代謝のアップが期待され、脂肪が燃焼しやすい体を作っていくことができます。

 

30代から急に太りだす理由は加齢と共に基礎代謝が低下していくことが一つの原因でもあります。

30代からのダイエットは筋トレを必ず取り入れて、代謝を落とさないようにすることがとても重要になってきます。

 

このプリズナートレーニングは筋肉だけでなく、腱、靭帯、神経系も一緒に鍛えることができるので、筋肉はもちろんのこと、年齢に関係なく俊敏に動ける体を作っていくことができます^^

まさに忙しい社会人にはオススメの筋トレといえるでしょう。

 

これからダイエットに取り組むなら、いきなりジムに行かず、このプリズナートレーニングを取り入れていってもらいたいです。

ジムで鍛えることに比べれば、短期間で効果を出すことは難しいですが、それでも強靭な肉体を作ることができるので、まずはこのトレーニングで筋肉を付けていきましょう。

 

②HIIT

筋肉量を増やして代謝を上げるにはプリズナートレーニングで自重トレーニングをするのがいいことは理解していただけたと思います。

次に余分な体脂肪を短時間で効率的に落とすためにも有酸素運動が必須になります。

 

そこで忙しくても効率よく有酸素運動がしたいという時にオススメなのが【HIIT】です。

 

HIITとは高負荷の運動と低負荷の運動を短い時間で交互に入れ替えながら行うトレーニングです。

 

このHIIITを行うことで、効率よく体脂肪を燃焼させることができます。

さらに心肺機能と筋肉の両方の能力を高めることができて疲れにくい体を作ることもできるようになります。

 

バリバリ仕事をこなすためにも、疲れにくい体を作ることはとても大事なことではないでしょうか。

HIITはそんな脂肪燃焼効果を上げるだけでなく、このような疲れにくい体を作ることでも一役買っているのです^^

 

なぜ心肺機能を高め、疲れにくい体を作ることができるのか?

それは、HIITによりミトコンドリアの質を高め、量を増やし、心肺機能も高めることができるからです。

 

実はHIITってこんなにも優れたトレーニングなんです^^

なら利用しない手はないですよね!

 

また、HIITは筋トレと有酸素運動の両方を行うことができます。

余分な体脂肪を落とすためには、筋トレと有酸素運動の両方を行わなければいけません。

 

でもHIITはこの2つの条件を満たすだけでなく、1日4分といった短時間でも効率よく脂肪燃焼効果を上げることができるトレーニングです。

なので、有酸素運動をするなら、効率の悪い長時間のランニングを行うより、HIITを毎日することをしていってくださいね。

 

その方がより早くダイエット成功へ近づくことができますよ^^

 

③1日1食

ここからがダイエットの成功において非情に重要なポイントになりますので、ゆっくり読み進めていってくださいね。

 

【ダイエットで成功するかしないかは食事管理で決まる】と言っても過言ではありません。

 

そこで痩せたあともその体型をキープするという意味でも、僕は1日1食の食事管理をすることをオススメします。

 

理由として、太る原因は糖質だということはもう知ってますよね?

でも厳密に言うと、太る最大の原因は糖質を摂ることで分泌されるインスリンです。

 

インスリンの過剰分泌によるホルモンバランスの崩れが太るもとなのです。

 

インスリンが分泌されると血糖値が上昇し、体は体内に取り込まれた糖質が余ると、その余分な糖質を体脂肪に変えてエネルギーとして体内に溜めていきます。

このインスリンの分泌を抑えるには【モノを食べない時間を多くすること】でしか解決できません。

 

そこでファスティング(断食)を取り入れるというわけです。

 

では、1日1食にはどんなメリットがあるのか?

・脂肪燃焼効果が上がる

・脳が活性化されて1日中集中力が落ちない

・代謝がアップし血糖値が下がる

といったところです。

 

1日1食なんて無理!って思うかもしれませんが、実際にやってみるとそれほど苦しくもなく楽にやれますよ^^

さらにやればやるほど、どんどん体がスッキリした状態になっていくのを感じることもできます。

 

体がスッキリして軽やかになれば、何をするにも行動する意識も高まります。

そこに糖質制限を組み合わせると、さらに脂肪燃焼効果も上がるし、あなたのダイエットが一気に加速されていきます。

 

1日1食と糖質制限を組み合わせた僕の考え方もコチラで書いているので、ぜひ読んでみてください↓

糖質制限と1日1食を組み合わせる

 

30代を過ぎると、これ以上に基礎代謝が低下しないように考慮しながらダイエットを進めていくことが必要不可欠になります。

加齢と共に10代、20代に比べて動けば痩せれるといった簡単なダイエットができなくなってきます。

 

30代からは「いかに代謝を落とさず体脂肪を落としていくか?」ということが最大のポイントになります。

そんな問題を解決する意味でも、食生活にファスティングを取り入れる方が効率的に痩せることができます。

 

1日1食の取り入れ方についてはこちらの記事でも解説しています↓

1日1食スタイル

 

まとめ

以上が30代でもダイエットで圧倒的な結果を出す方法でした。

この3つの方法をフル活用してダイエットに取り組むと、驚くくらいの効果を実感することができます。

 

僕みたいに12年間リバウンドしない痩せ体質にすることも可能になるのです^^

 

もちろんここまで来るまでは大変ですが、それでも一生太らない体が手に入るのであれば、これらの方法を使って頑張ってみる価値はあると思いませんか?

 

実際にこれらの方法を取り入れている人たちも他のダイエッターよりも圧倒的な結果を出している人がかなりいます。

 

少なくともこれまでやってきたダイエット法で上手くいかないと悩んでいるくらいなら、いっそのことこの方法を取り入れて今のやり方を思い切って変更する方が現実的です。

 

もし圧倒的にしかも確実にダイエットで結果を出したいと思っているのであれば、ぜひ僕も実践しているこれらの方法を取り入れていってみてくださいね^^

やれば驚くくらい圧倒的な結果を出すことができるのですから。

 

本日の記事は以上になります(^▽^)/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です