ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

これが【食べて痩せるダイエット】の本当のやり方だ!

食べて痩せるダイエットについて
トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

今のダイエットにおいて誰でも手軽に始められるダイエットというと、ほとんどの人は「食べて痩せるダイエット」を思い浮かべるんじゃないでしょうか。

しかし糖質の量を抑えて太らないようにする糖質制限や、摂取カロリーを抑えるといったダイエットって、正直長続きしませんよね。

 

僕みたいに1日1食といった食事スタイルでダイエットを行っても平気だという人も中にはいますが、これは筋トレとかを上手く取りれないと、「ただ痩せているだけの体型」で「魅力的なボディ」にはなりづらいのも正直なところです。

今回は、そういった「魅力的なボディ」を手に入れるための“食べて痩せるダイエット”の食事の仕方などを紹介していくので参考にしてもらえたらと思います^^

 

食事を増やすダイエットの本当の意味は?

これまで、体が太る最大の原因は「インスリンの過剰分泌」が原因だと僕は何回も言ってきました。

インスリンは体内で上昇した血糖値を下げるホルモンなんですが、パン・ごはん・麺類といった「炭水化物」を食べたときに分泌されるインスリンは、細胞にはエネルギーとなる糖質を、筋肉にはアミノ酸を運んでくれます。

 

しかし脂肪細胞にも栄養素を運んでいくので、炭水化物の摂り過ぎは脂肪合成を促進するので太ってしまいます。

これが太るメカニズムです。

 

だから1日1食にしてモノを食べない時間を多く取ることで、インスリンの分泌量を減らして太りにくくしているわけですが、この方法にも若干のリスクがあります。

それは食事の間隔が開きすぎた空腹状態で炭水化物を摂っちゃうと、体は「待ってました!」とばかりにインスリンの分泌が爆上げします。

そしてエネルギーを使いきれずに余ってしまった糖質は脂肪へと変わってしまいます。

 

なので食べて痩せるダイエットは、

「同じ量の炭水化物を摂るならちょっとずつ食事をして、インスリンの分泌量を抑えましょう」

ということが本当の意味になります。

 

食事回数は5回以上に分けていくのが効率的

僕が実践している1日1食のスタイルのような食事回数を減らすダイエットは、そもそもダイエット上級者に向いている食事方法で、これからダイエットを始めようとしているあなたがいきなり始めても挫折してしまいます^^;

これはある程度ダイエットで体が慣れてから行ってくださいね。

 

ではダイエットを始めたばかりのあなたはどのように食事をしていけば効果的なのか?

それは、食事回数を5回くらいに分けることです。

 

これなら、ダイエット中にも空腹に悩まされずにダイエットを継続することができます^^

ではどのように食事をとっていけばいいのかを紹介しますね。

 

パターン①:朝→間食→昼→間食→夕食

朝と昼の間、昼と夜の間に間食を入れれば、これで5食になりますよね。

このパターンは日常でもほとんどの人が自然と行っているのではないでしょうか。

 

ここで運動を挟んだスケジュールにするなら、夕食前がベストのタイミングになります。

 

パターン②:朝→昼→間食→夕食→間食

特に日頃の会社勤めだと、朝と昼の間に休憩時間を取り入れるということは難しいのが現状ですよね。

なので、運動の後の夕食を済ませたあとに一度間食を入れていくというパターンです。

 

でも夕食後の間食といっても、プロテインを摂取するくらいのものにしましょう。

そこでまた、固形物を食べるとインスリンが分泌されて太りやすくなっちゃうので^^;

 

戦略的に食事回数を5回にする狙いとは?

食事を5回に分けて食べるというのは、確かに精神的にもあまりストレスなくダイエットを続けることはできます。

しかし、「5回も食事をとるのは難しい」と考えてしまうこともありますよね?

 

それは、きっちり5等分に栄養補給を分けようと考えているからではないでしょうか。

例えば、「あなたが痩せるためには1日1700kcalに抑えましょう」とアドバイスされたとしましょう。

 

そうなると、1食につき340kcalの食事しかできなくなってしまいます。

1食340kcalというと、ご飯一膳分に相当します。

 

こう考えただけでも、1食340kalは難しい^^;

朝はそんなに食べれない人もいますし、夜は運動しない限りエネルギーを取らなくてもいいので、あまり食べない方がダイエットにはいいです。

 

大事なのは、あなたの生活スタイルに合わせたエネルギーや栄養素の摂取をしていきましょうってことです^^

例えば、筋トレ前にはちょっとエネルギーを補給しておかないと、トレーニング中にエネルギー不足になってパワーダウンしてしまいます。

 

運動を日常的に取り入れている人は、トレーニング前の食事にエネルギーや栄養を多めに摂取するといった分配が理想的ですよね^^

それ以外は、別にそんなにエネルギーを補給する必要もないので、軽い食事などで済ませても全然問題はないです。

 

逆にトレーニングをしない人やオフの日は、朝にしっかり食事をして、活動量が減る夜に向けて徐々にカロリーを摂らないようにしていくのがダイエットにおいては理想的です。

 

特に夜はエネルギーを消費する活動が少なくなるので、できるだけ食べる量を減らす方がいいです。

すると余分なエネルギーを抱えたまま寝ることがないので太りにくいばかりか、朝食を摂るのが習慣化されますよね。

 

食事回数を工夫して、理想のボディを作ろう!(まとめ)

ダイエットで痩せたいといっても、特に意識しているのは「割れた腹筋が見えるような引き締まった体」になりたいからですよね?

僕もそう思って、日々トレーニングをしています。

 

男性なら厚い胸板にたくましい腕、割れた腹筋が欲しいと思うでしょうし、女性ならハリのあるバストにくびれ、持ち上がったヒップに引き締まった二の腕が欲しいと思っているはずです。

しかしそのような体を手に入れるには、並大抵の努力では手に入りません。

 

どうしても、理想の体を手に入れたいなら、ボディビルダーの食事内容を参考にするのも一つの手です。

「別に彼らのようなバキバキの体を目指してるわけじゃないんですけど^^;」と思うかもしれませんが、心配しなくても大丈夫です(笑)

 

普段のダイエットやトレーニングであんなにバキバキになることはありません(笑)

彼らは日頃からハードなトレーニングをこなして、超ストイックな食生活を何年もしているから、あのようなメリハリある体に仕上がっているのです。

 

僕たちが参考にするのは、その人たちの食事内容を”ゆる~く”した方法を取り入れることです。
(まぁ、ゆるすぎても意味がありませんけど^^;)

もし食事回数を増やしたダイエットを取り入れていくなら、ボディービルダーの食事内容はとても参考になるので、ぜひその方法も取り入れて、ダイエットを成功させていきましょう!

 

本日の記事は以上になります(^▽^)

 

P.S

僕の1日1食のスタイルが気になったら、この記事を読んでみてください↓

1日1食スタイル

1日1食生活を取り入れて、中年太りを解消しよう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です