ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

25kg減量した元デブの僕がプリズナートレーニングする理由

プリズナートレーニングにこだわる理由
トッシー

こんにちは!
【社会人ダイエットコンサルタント】のトッシーです!

今回はコラム形式でお伝えします^^

僕が日々の筋トレに取り入れているのは【プリズナートレーニング】です。

この筋トレは短時間で高負荷を掛けながら行う究極の自重トレーニングと言われています。

 

短時間でも毎日継続すれば体にも大きな変化が見られますし、何より忙しい社会人にとっては毎日10分くらいでも十分なトレーニング効果を出すことができるのが特徴です。

 

では、なぜ僕が世間一般の筋トレではなくてプリズナートレーニングを選択しているのか?

 

今回は【プリズナートレーニングと一般の筋トレの違い】について僕の考えを踏まえながら解説していきますね。

この記事を読めば、プリズナートレーニングの有用性と毎日継続することのメリットを知ることができるようになるので、最後まで読んでくださいね^^

 

2つの筋トレのそれぞれの目的とは?

では2つの筋トレのそれぞれの目的について見ていきましょう。

世間一般の筋トレをするにあたって、何の目的のためにするか考えたことがありますか?

 

おそらく「強靭な肉体を作る」「誰もが憧れるカッコいい体を作る」といった感じでしょう。

 

さらに上を目指すというなら、ボディビルの大会やフィジーク大会に出ることが最終的な目的になるといったところでしょうか。

 

それはつまり【魅せるための筋肉】を作る目的がメインということですね。

 

誰もが憧れる腹筋が割れて全体が引き締まった格好いい体を手に入れる。

ほとんどの人が健康というよりは、この目的が最大の理由でしょう^^

 

ではプリズナートレーニングをする目的とは何でしょう?

 

プリズナートレーニングの主な目的は、強靭な肉体を手に入れるという部分は共通しているのですが、このトレーニングの最大の目的は他にあります。

 

それは【腱や靭帯の強化や、複数の筋肉の協調性を高める点を重視している】という点です。

 

どういうことか説明すると、マシンを使うトレーニングのような”筋肉を個別にパーツごとに鍛える”ようなイメージではなく、目的の動作に関わる筋肉を総動員して使うトレーニングだという意識で行う感じです。

 

例えば、重いものを持ち上げるために、それに使われるすべての筋肉を連動させると、どんなに重いものでも簡単に持ち上げることができるようになるといった感じです。

 

もっと分かりやすく極端な例で言うと、マッチョな人が持ち上げられなかったものを、普通体型の人でもヒョイッっと軽く持ち上げてしまうイメージです(笑)

 

そう、プリズナートレーニングはボディビルダーみたいに“魅せる筋肉”じゃなく、運動に必要な“使える筋肉”を作っていくイメージです。

 

これが一般の筋トレとプリズナートレーニングのそれぞれの目的です。

 

【プリズナートレーニングの目的は筋肉同士の連携を強化すること】

 

ボディビルダーのように魅せる身体を作るなら、マシンや器具などを使って個別で筋肉を鍛えることをしていきますよね。

 

しかしプリズナートレーニングは、筋肉だけではなく身体の複数の部位を協力させることで、最大限の力を発揮させてパフォーマンスを高めるのが狙いです。

 

プリズナートレーニングではその動きを行うために必要な筋肉を適切に組み合わせて働かせること】を最大の目的としています。

 

これがいつもの筋トレとは大きく違った点です。

だからあなたの目的を明確にすることが何より大事です。

 

例えば、ボディビルの大会に出る目的ならプリズナートレーニングで筋トレをしようとするとあまりにも効率が悪いです。

 

プリズナートレーニングは“一生かけて行うトレーニング”なので、短期間で成果を出すということがほぼ無理なトレーニングです。

使える筋肉を時間をかけてゆっくり育てていく感じなので、この方法で筋トレをすると大会に間に合いません^^;

 

だから器具やマシーンを使って短期間で成果が出るように一般の筋トレをするのが効率がいいのです。

 

このように「自分の最大の目的は何か?」ということを把握することがとても大事なんですよね^^

 

どちらの筋トレを選択するのかという時に、それぞれのトレーニングの目的を一度把握するようにしましょう。

 

僕がプリズナートレーニングを選んだ理由

では、なぜ僕がプリズナートレーニングを選んだのか?

僕にはある明確な目標があります。

 

それは【死ぬまで一生介護を必要としない体を作る】という目的のためです。

 

しかし普通の筋トレをずっと継続していても強靭な肉体を作ることは可能ですし、カッコイイ体を手に入れることさえできます。

 

でも僕は別にボディビルやフィジークの大会に出ることに興味がなくて、むしろ「いつまでも動ける体が欲しい!そのためにはどうするか?」ということを常に考えていました。

 

理由は「太っていた時に経験したデメリットの部分」が大きく影響しています。

 

太っていた時の頃はとにかく動きが遅く、体が重いせいで常に全身疲労しているような感覚になっていました。

 

また、ちょっとフラついただけで自分の体重を支えきれずに転んでしまう。

最悪の場合、足を挫いてしまうといった非常に情けない姿を晒したこともありました。

 

「デブだとある程度の力もあるはずだから何とか踏ん張れるんじゃないの?」と思ったかもしれませんが、とんでもない!

体が太ってるから力がありそうに見えますが、そんな相撲の力士みたいに筋肉があるはずもなく、ただ脂肪がたくさん付いているだけなので力なんかあるはずがありません(笑)

 

このような感じで、自分で自分の体をコントロールできないという事実にかなりのショックを受けたことがトラウマになっていったんですよ^^;

その時に僕の中で「もう死ぬまで絶対に元気に動ける体を手に入れてやる!」という気持ちができました。

 

そしてこのプリズナートレーニングに出会ったことによって、自分の目的が明確になっていった感じです。

先程も言いましたが、僕は【死ぬまで一生介護を必要としない体を作る】という明確な目的があったからプリズナートレーニングを選択したわけです^^

 

確かに僕もカッコイイ体が欲しいという気持ちは今でもあります。

別にボディビルの大会に出るわけでもないのに、自分の体をSNSなどでわざわざ披露する意味も全くないよなぁって思っていました(冷めてるなぁ^^;)

 

でも以前の体と比較するために、自分の体をたまにさらけ出すということなら僕はいいことだと思っています。

実際に見比べて確実に成果が出ていることを実感できるし、何よりモチベーションが上がりますしね^^

 

僕はこのトレーニングを始めて1年続けていますが、1年以上経ってから確かに体の内側から硬くて強い筋肉が確実に付いてきていることを実感しています。

 

トレーニングも1日15分もあればこなせる内容なので、ボディビルの方みたいに一気に筋肉が膨らんでいくわけではないですが、ちょっとずつ硬い筋肉が付いていくのは確かです。

プリズナートレーニングは一生掛けて取り組んでいく筋トレだということがよく分かりましたね。

 

長期的にやらないと効果が出ないトレーニングですが、魅せるための筋肉じゃなく、運動に必要な使える筋肉を作ることは間違いないです。

あなたももし【死ぬまで一生元気に動ける体を作る】というなら、プリズナートレーニングをすることをオススメします^^

 

筋トレも目的によって方法が変わる(まとめ)

今回は一般の筋トレとプリズナートレーニングのそれぞれの特徴と、なぜ僕がプリズナートレーニングのこだわっているのかという事をお話しました。

筋トレにもさまざまな種類があり、また「自分の目的は何か?」と明確にすることでどのようなトレーニングを選択すればいいかということが理解していただけたと思います^^

 

ただ「自分はとにかく痩せてカッコイイ体を手に入れたいんだ!」というなら、世間一般の筋トレをする方がいいでしょう。

「やっぱ死ぬまで介護なしに動ける体がいいよな~」というなら、一生鍛えるという意味でもプリズナートレーニングをする方が最適です。

 

しかし「自分の体をどのように変えたいのか?」という明確な目的がなければ意味がありません。

 

ただ痩せたいからといって適当に筋トレをしても、果たしてその方法は正しいのか?ということが分かっていなければ時間と労力の無駄遣いになってしまいます。

 

そのようなことにならないためにも、どの筋トレをするかという前に【自分の目的を明確にすること】が大事です。

それから自分の目的に合った正しいトレーニングを選択したらいいのですから^^

 

まぁ、今回は筋トレにもさまざまな種類や特徴があるんだな~っていうくらいに覚えておいてもらえればいいです(笑)

もしプリズナートレーニングに興味があれば以下の記事を読んでみてください↓

プリズナートレーニング

 

本日の記事は以上になります(^▽^)/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です