80kgのデブだった時の生活を赤裸々に暴露してみる

80kgのデブだった時の生活
トッシー
こんにちは、トッシーです!

僕は昔80kgのデブでしたが、そこから5ヶ月で25kgの減量に成功しました。

今思えば、当時は相当ヒドイ食生活を送っていたなぁと感じます^^;

 

そこで今回は、僕が80kgのデブだった時のお話でもしようかと思います。

今回はコラム的な感じなので、休憩時間に気楽に読んでみてください^^

 

驚異の1日の食事内容

80kgのデブだった当時の画像

さて、いよいよここからこの80kgのデブだったトッシー君の驚くべき食生活とは?

どのような毎日を過ごしていたのか?

 

当時の僕は本当に誰もが呆れるくらいの堕落した食生活を送っていました。

おまけに当時はお酒もタバコもガンガンやっていました^^;

 

今思えば本当に救いようのないデブ。

そんな当時の僕の1日の食事内容を紹介します。

【朝】6:00起床。

まずは寝起きのタバコで一服。

そこからコンビニに行き、おにぎり3個にカップラーメン。

時にはパンを2,3個にカップラーメンの時もありました。

 

朝からラーメン、通称”朝ラー”が大好きでした。

そして食後にまたタバコで一服をします。

食後のタバコって本当に最高なんですよね(笑)

 

【昼】

職場の社員食堂で普通の定食を食べる。

職場が病院なんで昼だけちゃんとバランスの良い食事内容だった感じです。

 

でも間食は必ずする感じで、スナック菓子をバクバク食べながらカフェオレを飲むのが日課になっていました。

スナック菓子にカフェオレもこりゃまた最高の組み合わせなんですよね~♪

 

【夜】19:00

コンビニへ行って、唐揚げ弁当orハンバーグ弁当+唐揚げ棒というルーチンメニュー。

お気に入りは”セブンイレブンのお弁当”

セブン最高!

 

この時はまさに「セブンイレブンの信者か!」っていうくらい、毎日セブンに通っていました(笑)

 

コンビニ弁当じゃない日は、スーパーで揚げ物中心のお惣菜祭り。

夜はこの内容の食事を1日おきに繰り返す。

 

とまぁ、こんな感じで毎日デブ活に励んでいました。

よくも飽きずにこんな生活をしてたなぁと感じます(笑)

 

やっぱデブ活は楽で好きなものを好きなだけ食べれますからね~^^

もし絶対に太らない体質なら、僕は喜んで毎日デブ活に勤しんでいますね(笑)

 

・・・そんな事はどうでもいいか^^;

 

話を戻して、これらを見ても今の自分とは明らかに真逆の生活ですね。

そりゃ体重も80kgになるのは当然のことで、逆に100kgいかなかったのが奇跡とでもいうべきか^^;

 

こんな感じで、僕は毎日このような乱れた食生活を送っていました。

では、他の事についてはどんな感じだったのか。

 

これもまた恥ずかしいことばかりです。

 

スポーツではポンコツぶりを発揮

当時の僕はまったく運動していなかったのかというと、そうでもありませんでした。

実はこの頃、職場の先輩に誘われてフットサルをちょっとかじっていた時期がありました。

 

といっても月に4、5回する程度で、仕事終わりにフットサル場へ出かけて2時間ほど汗を流す感じです。

当初はフットサルにちょっと関心があったし、なによりカワイイ女性の方も多数参加していたのが参加する決定的な動機でした(笑)

 

「カッコいいとこ見せなくちゃ!」

「デブでも俺は運動神経は良いんだぜ!」

 

そんな下心丸出しの僕は、普段よりもより気合いを入れてフットサルに取り組んでいました。

いくら80kgのデブだといっても、結構まともに動けていましたよ(笑)

 

そしてお目当ての女の子の目の前で、最大の見せ場がやってきました。

味方のスルーパスが来て、僕にシュートチャンス!

 

そして思い切って飛び込もうとした瞬間、悲劇が起こります。

 

・・・はい、肉離れを起こしました( ̄ω ̄)チーン

 

そして僕は前に勢いよく飛び出た体を止めることができず、そのまま前のめりの状態でダイレクトにズッコケて動けなくなります。

 

かくしてめでたく最大の見せ場で盛大に肉離れを起こすという失態をさらしました...。

 

当然、周りは呆れていました。

その冷たい視線がビンビンに突き刺さります。

 

それ以来、僕はフットサルに行くのも次第にサボリ気味になっていき、結局4ヶ月ほどでやめました。

もう怪我をして、おまけに醜態をさらす事が恥ずかしくなって、メンタルが持ちませんでした^^;

 

これが唯一、デブの時に本気で取り組んでいた運動です。

本当に当時はこれくらいしかまともに運動していませんでした。

 

デブが調子に乗ってお目当ての女の子の前で張り切ると、これが面白いように空回りします(笑)

まるで計算されたかのように華麗にズッコケる。

 

この唯一の運動する時間がなくなったので、僕はますますデブ活に励んでいくことになっていくのです。

 

健診で「高脂血症」と診断された24歳の僕

そんな生活をしている時、ついに職員健診の結果が返ってきます。

まぁ結果なんて見なくても悪いのは間違いないです。

 

そして結果報告書をゆっくり見ていくと...。

 

【診断:高脂血症】

・すぐに詳しい検査をすることをお勧めします。

 

この時、若干24歳である。

 

「24歳で高脂血症だと...!?」

「マジで俺ヤバくね?」

 

この結果で周りからは当然笑われネタにされ、おまけに後輩からもバカにされたのは言うまでもなく屈辱的な日となりました。

ここで初めて自分の中で「痩せなくちゃ!」という気持ちが芽生えた瞬間でしたね。

 

ていうか、遅えよ!って感じですね^^;

でもこのくらい何かに追い詰められないと本気で痩せようと行動しないものなんですよね(笑)

 

だから僕にとってはちょうどいいタイミングで”お灸をすえられた”って感じです。

 

そしてその数週間後に、僕はビリーズブートキャンプと奇跡的に出会い、そこから人生が変わるくらいダイエットで快進撃を繰り広げていくのです^^

これに関してはこちらで紹介しています↓

DVD

 

今思うと、ここでビリーと出会えていなければ、僕は今頃100kg超えの超絶デブになっていたと思います。

この時にダイエットに取り組んでいて本当によかったと感じます。

 

もしあなたは今ダイエットを頑張っているなら、僕みたいな堕落した生活をしないように注意してくださいね^^;

僕のこのデブ時代のエピソードを反面教師にしてダイエットに励んでいってもらいたいと感じてます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です