時短ダイエットレシピに大阪名物『肉吸い』登場!

肉吸い
トッシー

こんにちは!トッシーです!

今回はダイエットご飯のレシピ紹介です^^

 

ダイエットのトレーニングの後に、

「ガッツリ肉が食べた~い!」

そんな時ってありますよね。

 

今回はそんな希望に応えるのが、

大阪の隠れ名物【肉吸い】

これをダイエットご飯として紹介します^^

 

これはマジ美味いッスよ~♪

 

ダイエット版 大阪名物『肉吸い』

肉吸い

【材料】

・牛肩ロース肉(200g):742kcal 

たんぱく質28.8g 脂質65.8g 糖質0.4g
※↑200gで計算してます↑

・木綿豆腐一丁:216kcal 

たんぱく質6.6g 糖質3.6g

合計 958kcal たんぱく質35.4g 脂質65.8g 糖質4g

・水900ml

・だし醤油 200ml
(白だしでもO.Kです)

 

作り方

①鍋にだし醤油200mlと水900mlを入れ火にかける

②沸騰したら牛肉200gを入れる

③アクが出てきたら、丁寧に取り除いていく

※この時にアク取り作業を次第で、美味いか不味いかの別れ道になるので、サボらずにアク取りをしてくださいね(笑)

 

④アク取り作業が終わったら、木綿豆腐一丁を入れる

この時に弱火にし、ふたをして15分煮込む。

ここでじっくり牛肉の旨味を出していく

 

⑤器に盛って完成!

 

ポイント

 

肉吸いは牛肉を入れるのが基本ですが、

これを豚肉にしても美味しいですよ^^

 

仕上げに刻んだネギをまぶせば、

味にアクセントがついてまたいいです◎

今回、ネギを買うのを忘れた...(泣)

 

今回は豆腐も入った基本の肉吸いを作りましたが、

ここに卵を落として食べるのもいいと思います◎

 

「運動したあとにガッツリ肉を食べたい!」

という願望に応える一品として、

この肉吸いを思いつきました^^

 

ダイエットレシピ用に簡単に作れるようにしてますが、

・体を温める意味で汁物を食べられる

・たんぱく質が豊富

・糖質も極限まで制限できている

という点は抑えることができているかなと^^

 

調理時間も15分でできて簡単なので、

ぜひ大阪の隠れ名物”肉吸い”をダイエットご飯として試してみてくださいね^^

 

【肉吸いエピソード】

肉吸いとは簡単に言うと、

肉うどんから“うどんを抜いたもの”です。

 

かつお節や昆布などを使った関西風のうどんつゆに、

牛肉や豆腐、一部では卵を入れる所もあります。

 

発祥は大阪の難波千日前にあるうどん屋

「千とせ」(ちとせ)が発祥とされています。

 

この店は吉本の劇場

「なんばグランド花月」の近くにあります。

 

吉本の芸人さんが二日酔いで軽く食事をしたかったため、

「肉うどん、うどん抜きで」と注文し、

当時の店主がそれに応えたことから誕生したものらしいです。

 

今では吉本の芸人さんの多くが、

この肉吸いを食べているそうです。

 

また「千とせに行けば売れる」

というジンクスもあるみたいです(笑)

 

P.S

ちなみに今回エピソードで紹介したうどん屋「千とせ」

この食レポ記事を紹介しておきますので、

興味があればコチラからどうぞ。

 

ちなみに千とせでは、

肉吸いと一緒に「卵かけご飯」を注文する

というのが通の食べ方みたいです^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。