【1週間で-2.7kg】実現した低糖質・高脂質食は最高!

【1週間で-2.7kg】実現した低糖質・高脂質食はやっぱ最高!
トッシー

こんにちは!トッシーです!

今回は、僕も実践して効果を実感できた食事管理法を紹介!

それは【低糖質・高脂質食】です。

 

これで僕はファスティングと組み合わせて、

【1週間で-2.7kg】を達成することができました。

詳しくはコチラ↓

低糖質・高脂質食

 

ダイエットで効率よく減量をするには、

運動を重視する人が意外と多いです。

 

でもダイエットで一番重要なことは、

何より【食事管理】です。

 

そこで今回は

【低糖質・高脂質食による食事管理の仕方】を

詳しく解説します^^

 

この食事管理をすることで、

・空腹感がなくなる

・甘いものが欲しいと思わなくなる

・満腹感が持続する

といったメリットもあります^^

 

さらにファスティングを組み合わせることで、

【一生太らない体作り】も実現できます。

 

それも踏まえて、

「なぜ太らない体作りができるのか?」

「なぜリバウンドしないのか?」

という点も理解できますよ^^

 

低炭水化物の食事とは?

炭水化物とは簡単に説明すると、

【糖質、でんぷん質、食物繊維】からなる化合物です。

 

これはあらゆる食べ物に含まれていますし、

人間にとって豊富なエネルギー源となります。

 

けれども炭水化物は、

“必ずしも摂らなければいけない”

というわけではありません。

 

え?なぜかって?

これには”体の働き”が関係してるんですよ~。

 

人の体は炭水化物を摂らなくても、

グルコースを必要とするわずかな器官のために、

たんぱく質をグルコースに変えることができます。

 

ちなみにグルコースとは、

日本では”ブドウ糖”と呼ばれています。

 

これは自然界に最も多く存在する代表的な単糖類。

そして動植物が活動するためのエネルギーとなります。

 

また脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質で、

人体にとっても重要な栄養素なのです。

 

また糖を摂ることによって、

体はインスリンを分泌させます。

 

インスリンは糖を体脂肪に変換し、

体内にエネルギーとして蓄える働きをしましたね。

 

また炭水化物には2種類あります。

【精製されたもの】

→白いご飯、パン、パスタなど。

【精製されていないもの】

→玄米、オートミール、ブランなど。

 

あなたも御存知の通り、精製された炭水化物は、

血糖値を急激に上げますよね?

 

それらの食べ物が胃に到達すると、

インスリンが分泌されます。

 

これは精製されてる炭水化物や、

精製されていない炭水化物でも同じです。

 

また、先にも出てきたグルコースが多いと、

糖尿病、心疾患、脳卒中のリスクが増えます。

 

それに炭水化物を食べると、

体内でグルコースに変換されて、

すぐにエネルギーとして使われます。

 

なので、余分にある体脂肪を使う機会がなかなかできません。

 

ダイエットでなかなか体脂肪を落とすことができないのは、

このような体の働きがあるからです。

 

また血糖値も急激に下がるので、

すぐにお腹が空きます。

 

そうしたら、もっと食べた~いって思い、

そしてドカ食いで前よりさらに太ってしまう。

 

こういった負の無限ループにハマります^^;

誰もが通る”ダイエットあるある”です(笑)

 

そこで【低炭水化物食】に切り替えるのです^^

 

文字通り炭水化物を極力減ら(ゼロではない)、

肉・魚・根菜以外の野菜・ナッツ類を食べるようにします。

 

また、こうした食べ物には、

“良い炭水化物”が含まれているので、

体重が増えることはありません。

 

なので、あなたが効率よく減量するためには、

怖がらずに炭水化物を量の減らして糖質を避ける!

ということをしていきましょう^^

 

でも単に糖質を減らせばいいというものでもありません。

そこで次に、糖質を減らすと同時に、

“脂質をたっぷり摂ること”が大事になってきます。

 

脂質は体に良いという事実

以前までの世間の常識では、

「脂質は太るし、体にも悪い」

という見方がされてきました。

 

さらに「健康的には徹底して避けるべきだー!」

なんて言われる始末です。

 

ちなみに脂質には2種類あります。

・飽和脂肪酸

→乳製品、肉などの動物性脂肪などに含まれてる

・不飽和脂肪酸

→常温では液状で、魚の脂や植物油に多く含まれてる

 

しかし近年では

「実は脂質は体に良い」

といった研究結果が多数報告されています。

 

特に最近の研究では、

「飽和脂肪酸は心疾患や脳卒中の予防になる」

「飽和脂肪酸は健康には悪くない」

と示された研究結果も出ています。

 

実は飽和脂肪酸も含めた全ての脂質は体に良いのです^^

 

では脂質を摂るのにいい食品とは何か?

それは以下のようなものから摂れます↓

・肉

・魚

・卵

・乳製品(もちろん全乳でOK)

・オリーブオイルなどの良質な油

・ナッツ類

・果物(オリーブ、アボカドなど)

 

脂質を恐れず、これらのものを積極的に食べれば、

空腹感に悩まされることもないし、

満腹感が長く続くというメリットもありますよ。

 

なので、低糖質・高脂質食で食事管理をすることで、

あなたは一生太らない体を作ることができるし、

リバウンドともおさらばできるようになります^^

 

食事の際に気をつけること

ファスティング中の食事にこれを取り入れると、

あなたのダイエットは効率よくなります。

 

だからといって、

「糖質を減らして脂質をたくさん摂ればいいや♪」

というわけでもありません。

 

やはり食事はバランスを取ることも大事。

 

脂質を摂ればいいと考えても、

余計に脂質を加えたりしては結局太ります。

(例えば、ステーキの上にバターを乗せるみたいな)

 

脂質があればあるほど、

体がそれ全部を燃やすということでもありません。

 

それと同時に野菜をしっかり摂ることも大事。

特に根菜類以外のものを食べるようにしましょう。

 

例えば、ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草、小松菜、ナス、玉ねぎ、きゅうり、パプリカなどですね。

 

これらは体に必要なビタミンやミネラルが豊富で、

食物繊維も十分に摂れます。

それに炭水化物の量もとても少ないですしね^^

 

なので野菜もたくさん食べるように意識していきましょう◎

 

まとめ:健康的な食べ方でリバウンドとおさらば!

今回は一生太らない体を作って、

おまけにリバウンドする心配もしなくていい食事、

【低糖質・高脂質食の食事管理法】を解説しました。

 

ダイエットで成功するために、

つい運動を重視していまいがちですが、

実はそうではありません。

 

ダイエットは【何を食べるか?】

これで決まると言っても過言ではありません。

 

ファスティングと組み合わせる時でも、

「何を食べないか?」と同じくらい、

「何を食べるか?」も重要になってきます。

 

ファスティングなのに何を食べるかって、

ちょっとややこしいですが^^;

 

ファスティングをすれば、血糖値が下がり、

減量も期待できるのは確かです。

 

けれども、今までの食事をしていては、

結局うまく痩せれずにリバウンドしてしまいます。

 

毎日運動していても、ドーナッツやケーキ、

ハンバーガーにフライドポテトなどを食べていては、

ダイエットをしている意味がないですよね?

 

たとえ1日1食を実践していてもそれは同じ事です。

 

だから今回紹介した低糖質・高脂質食を取り入れて、

ファスティングと組み合わせれば、

挫折することなく、もっと長く続けられます。

 

そうすれば、ダイエットでもっと大きな成功ができます。

 

今回の食事法でスルスル体重が減っていく様子を、

ぜひあなた自身の目で確認してみてください。

 

きっとあまりの減り具合に驚きますよ^^

 

また、低糖質・高脂質食に関しての記事として、

こちらも一緒に読んでみてくださいね↓

これで効果抜群!ファスティング中に向いている食べ物とダメな食べ物は?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です