ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

【2020年版】今話題のピーガンダイエットとは?

ピーガンダイエット
トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

先日あるダイエット関連の記事を読みました。

それはスマホアプリ「ピンタレスト Pinterest」のフードカテゴリーで、検索率が337%アップした食事方法が話題になっていたことです。

 

それが「ピーガンダイエット」という食事方法でした。

僕も最初は「何それ?」って感じでした(笑)

 

今回はこのピーガンダイエットについて調べてみたので、それに関しての僕の意見も踏まえてお話していきますね^^

 

ピーガンダイエットって何ですか?

ピーガンダイエットとは、

パレオダイエット(Paleo Diet)ビーガン(Vegan)を組み合わせた食事法の事です。

ちなみに「ピーガン」のPはパレオシック=旧石器時代の”P”を指します。

ピーガンダイエットはパレオダイエットとビーガンダイエットの良いとこだけを取ったダイエット方法なんです。

 

このダイエット法はアメリカのマーク・ハイマン博士(クリーブランド医療センター)が考え出したダイエット方法です。

インスタグラム等でもトレンドに敏感な海外セレブの間で話題になっているのです。

 

まずパレオダイエットについて説明していきますね。

パレオダイエットは、肉や魚など動物性タンパク質野菜や果物ナッツ類をしっかり摂ることを基本とします。

逆に、原始時代にはまだ作られていなかった米や小麦などの炭水化物、チーズや牛乳など加工食品は避けるようにする食事法です。

次に「ビーガン」

これはあなたもご存知の通り、肉や魚を食べないベジタリアン思考のダイエットです。

また卵・乳製品・はちみつも摂らない完全菜食主義の方法です。

 

ピーガンダイエットは、このパレオダイエットの植物パートを拡大したものです。

動物性タンパク質の摂取量は25%と少なめにして、野菜や果物、ナッツ類を75%まで増やすダイエットです。

主に食べてもいい食材は以下の通りです。

食べてもいい食材

・野菜、果物はなんでもいい。ただし野菜ジュースは砂糖が多く入っているのでNG

・ナッツ類、シード類、アボカド、オリーブオイルといった植物性由来の良質な脂質を摂る

・赤身肉、魚、卵、鶏、豆類を摂ることも大丈夫

・雑穀、コーン、米といったグルテンの入っていない全粒粉食材ならO.K

・砂糖はたしなむ程度ならO.K

基本「肉や砂糖は少なめにする」というのがピーガンダイエットの基本になります。

ここで僕としての意見は、太る最大の原因は、”インスリンの過剰分泌”だということです。

なので、インスリンの分泌を減らすことを推奨している僕にとっては、基本こういった砂糖や炭水化物類は口にしないことをオススメします。

 

このように、ピーガンダイエットは「ビーガン」のように絶対菜食主義ではなく、たまには肉を食べてもOKなストレスフリーの健康法として、最近注目を集めました。

まぁ、パレオダイエットとあんまり変わりがないのですが^^;

 

次にピーガンダイエットのメリットについて説明していきますね。

 

ピーガンダイエットのメリット

ピーガンダイエットの効果は、なんといっても健康的になれるという点です。

基本はさまざまなものを食べれるし、食物繊維もたくさん摂ってもO.Kなんです。

 

ダイエットで食事制限をしていてよくなりがちなのは、便秘になることです。

でもピーガンダイエットは食物繊維を摂ることがO.Kなので、便秘になりにくいという強みがあります。

 

まだ便通が良くなると、体臭や口臭、肌荒れやニキビなどの予防にもなりますしね◎

つまり、ダイエットしながら腸内環境を正常化できるというわけです。

これは大きいメリットですね^^

 

食物繊維をたくさん取ることもO.K。

高カロリー、高脂質も避けられるという点もこの食事方法のメリットになっています。

 

しかし、ここで僕はある疑問が浮かびました。

これで本当に効率的に痩せられるのか?という点です。

 

このダイエットを知った上で、僕の考えを伝えていきますね。

 

ピーガンダイエットをするにあたって(まとめ)

このピーガンダイエットに関して僕が思ったことをお話していきます。

先ほども言いましたが、あなたの体が太ってしまうのは脂質や糖質を多く摂ることが一番の原因になると思われていますが、厳密に言うと少し違います。

 

確かに糖質は太る原因になります。

しかし根本的な原因は、体内のホルモンバランスの崩れによるものです。

その最大の原因になるのがインスリンの過剰分泌です。

 

インスリンが過剰に分泌されると、体内の脂肪を分解する働きが阻止されて、逆に脂肪をエネルギーとして体内に蓄えようとします。

これが体脂肪として体に徐々に蓄積されていくわけです。

 

ピーガンダイエットは砂糖をたしなむ程度はいいとされていますが、糖質を摂ることは、インスリンの分泌を促してしまいます。

 

普段から食事をしていないと人間は生きていけませんから、インスリンの分泌を完全に避けることが難しいのが現状です。

まぁ早い話が、食事制限をしていてもインスリンの分泌は避けられないということなんですが^^;

 

逆に脂質は摂った瞬間から体内に脂肪として蓄えられることはまずありません。

また、脂質はインスリンの分泌を低下させる働きがあります。

 

脂質はあなたの体の細胞を作るのに欠かせない栄養素ですが、体内での吸収効率が悪いため、ほとんど吸収されずに便として対外に排出されます。

 

なので、高脂質を避けられるとうたっているピーガンダイエットには少し説明が不足しているのです。

摂ってはいけない脂質は、トランス脂肪酸酸化した油などの人工的に作られた悪い脂質です。

 

僕としては、良い脂質(オリーブオイルやナッツ類など)はたっぷり摂って、逆に米などの炭水化物や砂糖は極力減らすことをオススメします。

 

あ、脂質を摂る意味でも、乳製品も積極的に摂っていってくださいね^^

ただし、トランス脂肪酸などの人工的に作られた油酸化した油の摂取は徹底的に避けてくださいね。

 

このように設定する方がもっともピーガンダイエットで効率的に痩せられると感じます。

 

また食事方法も目的によって変わってきますよね。

それは、「健康的になるか」とにかく痩せるのか」目的によって内容も変わってきます。

 

例えば、「健康的になることがメインの目的」なら、食事はこのピーガンダイエットを基本にした食事管理で3食を食べることが一番理想的です。

逆に、「とにかく痩せることがメインの目的」なら、食事管理はこの方法でいいのですが、インスリンの分泌を抑えることが痩せるための一番のコツになってきます。

 

それはどういうことかというと、

「モノを食べる時間帯を減らす」ことです。

 

つまり、食べない時間を多く取ることで効率よく痩せれる体質に変えていくということになります。

それは、僕も推奨している24時間ファスティングを取り入れることです^^

 

その理由は、

・ファスティングを取り入れたらインスリンの分泌量が低下する

・体脂肪をエネルギーに変えるので、どんどん体脂肪が落ちて痩せていく

この点です。

 

24時間ファスティングする=1日1食です。

この1回の食事にピーガンダイエットを取り入れれば、効率よく痩せれると僕は感じました。

 

ちなみにファスティング時に運動しても、体の健康上には何も問題ない事が科学的にも証明されています◎

ファスティングをすると筋肉量が落ちて代謝が落ちて痩せにくいとか、リバウンドするといったことは根拠がないのです。

 

筋肉が落ちる時は、体脂肪が4%前後まで落ち込んだ時に初めて筋肉がエネルギーとして使われます。

なので、ファスティング中に落ちるのは体脂肪が先に落ちていきます。

 

なので、このピーガンダイエットを取り入れる時に、自信があれば24時間ファスティングを取り入れた1日1食のスタイルで、この食事方法を取り入れてみてはいかがでしょうか^^

 

ファスティングについての基礎知識はコチラの記事で解説してるので参考にどうぞ↓

ファスティングの基礎とメリット

二度と太らない減量法!【ファスティング】の基礎とメリット

 

誤解を避けるために言っておくと、僕は決してピーガンダイエットをやるなとは言ってません(笑)

むしろこの食事方法は良いと思います◎

 

いろいろなダイエットメニューと上手く組み合わせてやった方が、より効率的でいいですよ~とお話しているだけです^^

なので、ピーガンダイエットを一度試してみる価値はあるので、ぜひあなたのダイエットに取り入れてみてください◎

 

~P.S~

もし結果が出たら僕に連絡くれませんか?

参考にさせてもらいますので^^

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

    • ゆりりんさん、こんにちは!
      訪問ありがとうございます^^

      いいとこ取りのダイエットなので、
      試してみる価値はアリですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です