ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

必読!ダイエットの効率が悪ければ、やるべきことを一つに!

シングルタスクな考え方
トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

 

ダイエットをやっていても、思うように減量できない。

何か効率が悪いなぁということがありませんか?

 

僕もダイエット中は、効率悪いことをよくしていました。

しかしある考え方を習った結果、僕はダイエットを効率よくできるようになり、ダイエットで結果も出すことができました。

今回は、僕のダイエットを成功させた「新規活動1維持活動1」という考え方を紹介します^^

 

ダイエットの効率が悪い原因は、「マルチタスク」

これはダイエットでも当てはまることなんですが、ダイエットの効率が悪い人は、なぜそうなってしまうのか?

その一番の原因は、彼らは「マルチタスク」をしているからです。

マルチタスクとは、同時にたくさんの仕事をこなすことをいいます。

 

僕もダイエットをしていた頃は、

「同時にいろんなトレーニングをすれば、効率よく痩せることができるに違いない」

と考え、いつもさまざまなダイエット法を実践していました。

 

しかし皮肉なことに、そのマルチタスクなやりかたこそが、ダイエットの効率を悪くしている最大の原因だったのです。

 

例えば、筋トレをする場合、一度に胸筋、腹筋、大腿筋を鍛えようとします。

しかし筋トレの場合、それはとても効率が悪いトレーニング方法です。

筋トレで効率よく鍛えるなら、一部のみを徹底的に鍛える方が効率がいいのです。

 

つまり作業効率の悪い人は、いくつものやるべきことを同時に行おうとして、頭の中が混乱している状態です。

こうなってしまった場合、何をすればいいのか分からなくなってしまい、結果的にダイエットで挫折してしまいます。

 

「新規活動1維持活動1」という考え方

ではダイエットを効率よくするためには

「新規活動1 維持活動1」という考え方をすることです。

 

この考え方はどういうものかというと、

あなたがダイエットで痩せるために、あるたった一つの質問をすることです。

それは...

『そのことは、〇〇することと、どういう関係にありますか?』

ここの”〇〇”の部分には、あなたが達成する目標が入ります。

この場合、“ダイエットで痩せる”が入りますね。

 

たったこれだけで、あなたの目標達成率やダイエットの効率が何倍にもアップします◎

僕の場合だと。「そのことは”痩せること”と、どういう関係がありますか?」

と自分に問いながら、ダイエットをしました。

 

その結果、僕は仕事以外は、ひたすらビリーズブートキャンプでエクササイズを集中して取り組むようになり、結果を出すことができたのです。

あなたが、ダイエットに成功するためにやるべきことはこうです。

◎新規活動:やせるための運動する(筋トレ、有酸素運動)

◎維持活動:生活のために今の仕事を続ける

この2つだけに集中して取り組むと、やるべきことをとても集中的に取り組めるので、短期で結果を出すことが可能となります。

 

そして、新規活動を1つにする点でもう一つ重要な点を付け加えるとしたらこうです。

やるべきことしかやらない。

それ以外は全部無視する!

つまり、ダイエット以外は絶対にしないということ!

例えば、

・飲み会に行く

・タバコを吸う

・酒を飲む

・テレビを見る

・ゲームをする

など、これらを徹底的に排除します。

ダイエットと関係ないことは全部やらないということです。

 

この『それ以外は全部無視!』という考えを徹底することが、あなたのダイエットを成功に導くコツなのです。

 

この考え方は、ダイエットの効率化だけでなく、仕事でも勉強でも様々なところで使える考え方です。

あなたもぜひこの考え方を取り入れて、ダイエットを効率よくできるようになってくださいね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です