ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

初心者のための自重トレーニング講座

自重トレーニング講座
トッシー
こんにちは、トッシーです!

今回も忙しいあなたが痩せるための考え方をお話しますね^^

 

「長い自粛生活が続き、気が付けば前より太ってしまった...」

と、後悔しているあなた!諦めるのはまだ早いですよ!

 

ここから、ダイエットを頑張っていけばまだ十分に間に合います!

今回の記事は

・これからダイエットを始めようとしている

・しっかり効果が出る正しい筋トレのやり方を知りたい

・腹筋を割ってメタボ腹とおさらばしたい

 

ダイエットでそんな自分の体を変えたい!カッコよくなりたい!と思っているあなたに読んでもらいたい内容です。

 

初心者のための自重トレーニング

忙しい社会人が筋トレをしようと思っても、なかなか運動する時間を作ることは難しいですよね。

そんな忙しいあなたにおススメなのが「自重トレーニング」です。

 

簡単に言うと、自宅で筋トレをすることなんですが。

自宅で自重トレーニングをするなら、懸垂バーやダンベルなどといった筋トレ用具もいらないし、ジムにかかる費用も当然いりません。

 

それに自宅なので、周りに気を遣わず気軽にトレーニングができます。

忙しい社会人にとってはうってつけの方法ですね^^

 

その中でも特にオススメしたいのが【プリズナートレーニング】です。

プリズナートレーニングは“究極の自重トレーニング”と言われています。

 

このトレーニングに必要なものは、

・数分の時間

・横になるのに十分なスペース

・そしてこのトレーニングを挑む勇気

これだけで十分です、はい。

 

このトレーニングは、正直に言うと初心者には厳しいトレーニングといえます^^;

なので、これから僕が紹介する4つの基本的なトレーニングをマスターするだけで十分です。

 

これさえやれば、あなたの体は劇的な変化を起こすのに十分な要素を持っています。

その4つの基本的なトレーニングは以下の内容です。

・フル・プッシュアップ(腕立て) 10回

・ライイング・レッグレイズ 20回

・フルスクワット 20回

・ストレートブリッジ 20回

 

あなたはこの4つのトレーニングをマスターすることだけに集中するのです。

筋トレに関しては、他の目標はいりません。

 

ダイエットで成功したいという目標を達成するためには、これくらいシンプルで簡単な目標を毎日コツコツ継続する方がはるかに成功しやすいのです。

 

新しい目標が多くなることは、選択肢が多くなるということです。

ということは、目標が多くなった分、意志力が散漫になり、目標が達成される可能性が低下してしまうということになります。

 

なので、この4つのトレーニングをマスターすることだけに集中するといったシンプルなトレーニングから始めていきます。

これ以外のことは全部無視!

 

それに、これらの4つの基本的なトレーニングは控えめな内容です。

正直にいうと、普段からトレーニングしている人にとっては簡単な内容です。

 

しかし、このトレーニングの基準を満たさない人が多いのも事実なんです。

驚くべきことに、近年、学校での体力測定での数値の低下を考えると、平均的な10代の人でさえ苦労するといわれています。

 

そこで、これからダイエットを始めるあなたは、筋トレに関していえば、この4つのトレーニングをこなして筋トレの基礎を徹底的に叩き込みましょう!

 

「どうせなら、手っ取り早くジムでウエイトトレーニングをしちゃいけないの?」

と、思われるかもしれません。

 

完璧なフォームで腕立てもできない人が、いきなりウエイトトレーニングをすれば、ケガをするリスクが圧倒的に高いです^^;

ますは自分の体重をコントロールして、自重トレーニングをこなしていけるようにしていきましょう。

 

フル・プッシュアップ(腕立て)

腕立て

「腕立て伏せ10回なんて簡単すぎるでしょ(笑)」

と、あなたは思うかもしれません。

 

しかし、プリズナートレーニングにおいての腕立ては、あなたが思っているような簡単なものではなく、かなり難しいです。

それに、ほとんどの人は腕立てのやり方を間違ったまま実践している人がほとんどです。

 

プリズナートレーニングで正しいやり方を学べば、簡単だと思っていた腕立てでさえも難易度がいきなり上がります。

その腕立てを正しく行うための注意点を3つ紹介します。

 

①動作はゆっくり行う

腕立てを行う時、まず2秒かけて下がり、1秒停止、そのあと2秒かけて上がります。

1回の動作に5秒かけるやり方です。

 

②体を深く下げる

腕立ては体を深く下げることで負荷が増します。

どのくらい下げればいいのかというと、胸の表面と床の間が「こぶし1個分」の隙間ができるくらいまで下げると効果的です。

この感覚に慣れるまでは、間にクッションなどを下に敷いて高さを確認するようにしましょう^^

 

③バウンドしない

体を深く下げる時に、クッションを押しつぶすくらい強く触れるようなことをしてはいけません、

胸が軽くクッションにタッチするように体を動かします。

 

このように動作をゆっくりにしながら軽く触れる程度の位置まで深く下げることで、あなたの腕立ての精度はかなり上がります。

それにちゃんと胸筋に効いてることも実感できます^^

 

これが本来の腕立て伏せの基本の動作になります。

この感覚を身に付けたら、まずは5回、慣れたら10回と回数を増やしていってみてください。

 

正しい動作で10回こなせるようになれば、また次のレベルにステップアップできます。

 

【ステップ5 フル・プッシュアップ】

 

 

ライイング・レッグレイズ

レッグレイズ

画像引用元:PaulWade PccBlog

 

腹筋と言えば、上半身をゆっくり起こして鍛えるのが普通のやりかたですよね?

しかしプリズナートレーニングの腹筋に関しては、この動作を取り入れていません。

 

プリズナートレーニングでは、腹直筋、外腹斜筋、前鋸筋といった、お腹周りの筋肉を徹底的に鍛えることが目的になります。

その筋肉を一度に効率よく鍛えることができるのが「レッグレイズ」です。

 

まずはやり方を身に付けるために簡単な方法からから始めます。

始めに、床に仰向けになって、膝を軽く曲げた状態にします。

 

そこから脚をゆっくり持ち上げて、下げるといった動作を行っていきます。

こんな感じです↓

 

この動作を簡単に行えるようになれば、いよいよ本題のライイング・レッグレイズに挑戦します。

 

こちらがその基本動作です↓

【ステップ5 フラットストレートレッグレイズ】

 

このように、最終的に膝を完全に伸ばした状態で20回をこなせるようにしていきましょう。

 

フルスクワット

スクワット

画像引用元:PaulWade PccBlogより

スクワットをするメリットといえば、下半身全体の強化に他なりません。

それに、体の筋肉の7割は下半身の筋肉で占められています。

 

ということは、下半身の筋肉を鍛えた方が、体の代謝が上がりやすくなります。

よって体脂肪がより効率的に燃焼させることができるというわけです^^

 

太もも、ふくらはぎ、腰回りの筋肉などを鍛えることは確かに疲れます。

しかし、理想の体を作るためには、とても重要なトレーニングです。

 

では、ここでいう”完璧なスクワット”とはどういうものでしょうか?

完璧なスクワットを行うには、膝を深く動かすことが重要です。

 

ここではスクワットのステップ5である「フル・スクワット」をいいます。

 

【ステップ5 フル・スクワット】

このスクワットは、太ももの裏側がふくらはぎに付くまで膝を深く曲げて行います。

最初は5回連続でできれば十分です◎

コツコツトレーニングを積んでいけば、必ず20回連続で行えるようになります。

 

僕も最初の頃は、10回あたりで後ろに倒れたりしていましたからね(笑)

経験を積んでいけば、そのうち上手くバランスがとれるようになりますよ^^

 

ストレートブリッジ

ストレートブリッジ

画像引用元:PaulWade PccBlogより

普通、ブリッジといえば、これをイメージしますよね↓

ブリッジ

しかしここでは、体を真っすぐに伸ばした状態で行う”ストレートブリッジ”でトレーニングをしていきます。

この方法は初心者にとってはとても有効なやりかたです。

 

ブリッジは脊柱の筋肉を鍛えることができます。

脊柱の筋肉を鍛えることで、腰痛の軽減にもなります。

 

また、ストレートブリッジは、広背筋や肩甲骨の周りの筋肉も鍛えることができます。

そう、ストレートブリッジは、自宅に懸垂バーがない人でも背中や肩の周りを鍛えることができるメリットがあるのです^^

さらに上腕三頭筋も鍛えられるんですよ!

 

【ステップ2 ストレートブリッジ】

これをまずは20回こなせるようになるまで頑張っていきましょう。

20回を簡単にこなせるレベルになったら、次は上級レベルの40回にチャレンジしてみるのもいいかと思います^^

 

初心者がこれらの目標を達成するための運動方法

では、これらの目標を達成するためにはどうすればいいか?

まずは、軽い負荷から挑戦していきます。

 

自分の今の運動レベルの半分くらいの力でできるエクササイズから始め、そこから徐々に回数を増やしていきます。

そのために、まずは正しいフォームをしっかり身に付けていくつもりで、ゆっくりやっていきましょう。

 

このように徐々に負荷をかけていくアプローチによって、関節と軟組織が順応して強くなっていき、関節の痛みを防ぐことができます。

そうすることで、トレーニング中にケガを起こすリスクも圧倒的に減らすことができます^^

 

初心者のためのトレーニングプログラムその①

DAY1 プッシュアップ
(ウォーミングアップ)
15回 1セット
プッシュアップ
(本番)
10~15回 2セット
レッグレイズ
(ウォーミングアップ)
15回 1セット
レッグレイズ
(本番)
10~20回 2セット
DAY2 OFF
DAY3 スクワット
(ウォーミングアップ)
15回 1セット
スクワット
(本番)
10~20回 2セット
ブリッジ
(ウォーミングアップ)
15 1セット
ブリッジ
(本番)
10~30秒 2セット
DAY4 OFF

初心者のトレーニングプログラムは簡単かつシンプルにする必要があります。

セッションごとに2つの部位をトレーニングし、その間に休息日を取り入れるやり方をオススメします^^

 

はじめは軽い負荷のメニューを軽くこなすことをウォームアップとして、そこから本番の軽い負荷のトレーニングを1セットとして実行します。

※いきなりフルプッシュアップをしないで、インクライン・プッシュアップをするなど。

例として、こちらを腕立てのウォームアップとしてするのがいいでしょう(15回)↓

 

限界まではやらず、フォームをできるだけ完璧に保ち、運動前の体力を取り戻すのに十分な時間とセット間で休むようにしてください。

 

初心者のためのトレーニングプログラムその②

DAY1 スクワット
(ウォーミングアップ)
15回 1セット
スクワット
(本番)
10~20回 2セット
ブリッジ
(ウォーミングアップ)
15 1セット
ブリッジ
(本番)
10~30秒 2セット
レッグレイズ
(ウォーミングアップ)
15回 1セット
レッグレイズ
(本番)
10~20回 2セット
プッシュアップ
(ウォーミングアップ)
15回 1セット
プッシュアップ
(本番)
10~20回 2セット
DAY2 OFF

こちらは痛みが続いたり、トレーニングを進めることができなくなった場合は、休息日を増やしていきましょう。

プログラム①を簡単にこなせるようになったら、こちらのプログラム②へ移行していきましょう^^

 

ワークアウトの合間、または必要に応じて休みを取ってくださいね。

大事なのは、無理をせず確実にこれらをこなせるまでは、他のハードなメニューをする必要はないということです。

 

つまりこれ以外のことは全部無視!

「他にも新しいメニューを取り入れた方がいいのかなぁ?」

“その問題は解決せんでええ!”です。(思わず関西弁になった^^;)

 

このプログラムの先はどうするの?

ここまでやって、これでは十分でない!という人も出てくるかもしれません。

回数が増え、あなたが毎週進歩しているなら、より詳細なメニューがこの本に書いてあります↓

こちらの本に書かれているステップ10までできるようになることを目標としてやっていけば、あなたはさらに自分自身を成長させることができます。

それと同時に、このトレーニングメソッドの理解を深めていってください。

 

そうすれば、あなたは理想の体を手に入れることができ、メタボ体型と永遠におさらばできます^^

 

まとめ:さあ!今から始めよう!

あなたはいつトレーニングを始めるでしょうか?

いますぐやりますか?それとも明日やりますか?

 

ダイエットとは、いわば『ゴールのないマラソン』みたいなものです。

筋トレで自分の体重を上下に持ちあげることに苦戦していると、次第に体が苦労していることを認識し始めます。

 

すると、体に潜在意識の心が働き始め、無駄な体重を減らそうとしてくれるので、後々あなたのダイエットに役立ってくるのです。

なので、この自重トレーニングで筋トレを始めていけば、あなたの体脂肪は爆発的に燃焼し始めることでしょう。

 

筋トレをし始めたら、同時にダイエットもすぐに始める!

そうすることが、ダイエットで成功するための最短の方法です。

 

これを機に、今すぐプリズナートレーニングで筋トレを始めていきましょう!

そして、あなたのダイエットを絶対に成功させましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です