ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

1時間のウォーキングより、10分のHIIT

トッシー
こんにちは、トッシーです!

今日もダイエット成功に向けて前進していきましょう^^

ではさっそく、本日の報告です。

 

2020/7/21分の報告

朝一の結果はこうなりました↓

前日より、体重は0.1kg減、体脂肪率は0.8%増となりました。

何とか11%台をキープしている感じですね。

 

このまま、11%キープが当たり前の状態にもっていきたいところ。

 

トレーニング

本日は、腹筋メインでの下半身のトレーニングです。

 

・プリズナートレーニング

【スクワット】

ステップ6 クローズスクワット 20回×2セット

 

【レッグレイズ(腹筋)】

ステップ5 フラットストレートレッグレイズ 10回×2セット

【レッグツイスト】 15回×2セット

 

そしてHIITというよりは、HIIT風腹筋をしました(笑)↓

【1日1回】シックスパックを作る筋トレ。腹筋を鍛えて美しい体を作る。

これでお腹周りをガンガン痛めつける感じです!
(つい自分のSっ気の部分が出てしまった...)

 

食事内容

ついにチーズがメインになる日がくるとは...。

でもこれはこれで美味しかったですよ^^

ちなみに、右にある緑の物体は紀文の【枝豆豆腐】です↓

結構、甘味があって美味しいですよ!

これはちょっとハマりそうな予感です^^

 

 1時間のウォーキングより、10分のHIIT

ダイエットでよく有酸素運動を長時間取り入れている人がいます。

確かにダイエットにおいて有酸素運動をすることは、脂肪燃焼効果を上げる意味でも最適な運動です。

 

しかし毎日長時間するとなると、正直ツラくなってきませんか?

僕もダイエットをしていた当時は、ランニングなどを行ったりして、長時間の有酸素運動を取り入れてました。

 

しかし毎日やるとなると、モチベーションを保つことができるのは、せいぜい1週間程度でした^^;

ダイエットにおいての有酸素運動って、やはり精神的苦痛がハンパないんですよね(笑)

 

それでも脂肪を燃焼させてどんどん痩せていきたい!という気持ちもあるので、最終的には仕方なくやるといった感じになるのではないでしょうか?

最近では、ダイエットをするなら筋トレのみがいいとも言われるようになりましたね。

 

でもそれは、あくまで【ボディメイク】を目的としているから筋トレのみすればいいと言っているんだと感じます。

ぼくが言うダイエットは、あくまで【体脂肪を落として痩せる】という事を目的としているので、自分の考えとしては、やはり筋トレと有酸素運動を両方やる方がいいという考えです。

 

僕も最初は、ビリーズブートキャンプを利用して、筋トレ+有酸素運動をして痩せることができました。

その後に、見た目をカッコよくしたいという新たな目的ができて、そこからボディメイクに興味を持ち今は筋トレの割合を多くしているという感じです。

 

あ、ついでにリバウンドしないことも目的に入ってますよ^^

 

長時間の有酸素運動は、とにかくモチベーションを保つことがとても大変です。

だったら、短時間でも効率的に脂肪燃焼を促進させる方法を取り入れる方がよっぽど精神的にも楽ですし、何より継続できますよね?

 

そこで見つけたのが、HIITトレーニングというわけです。

といっても、HIITはあくまで短時間で心拍を上げることを目的としているので、始めから終了まで全力でやらないと効果が発揮されないのがデメリットなんですけどね^^;

 

それでも、短時間で脂肪燃焼効果が期待できることは間違いありません。

だったらHIITを毎日やる方が、忙しいあなたでも短時間でできるので、とても有効な手段だと思いませんか?

 

なら、これからはHIITをメインの有酸素運動として取り入れていきましょう。

 

でも、ダイエットはあくまで運動よりも食事管理がとても重要です。

筋トレとHIITをしたからといって、食事管理をしっかりしていなければ、まったく意味がなくなります。

 

そこはちゃんと意識しておいてくださいね^^

1時間のウォーキングより、10分のHIITをやる。

 

このように、その時の状況に応じて臨機応変にやり方を変えていくのも、ダイエットに成功するためには必要な手段です。

やり始めはしんどいかもしれませんが、体が慣れてくると脂肪燃焼効果がとても実感できるようになりますよ^^

 

HIITを取れい入れて、脂肪燃焼効果を促進させて、あなたのダイエットの目標をぜひ達成させましょう!

以上、本日の報告でした^^

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です