ダイエットで失敗しない!?【無料プレゼント付き!】

30代必見!代謝を上げるための3方面からの対策法

燃えている
(名前)
(こんにちは、トッシーです)
10代、20代のころに比べて、痩せにくいと感じるのが30代に入ってから。

しかし30代からでも、「代謝を上げる」ことに集中してダイエットをしていけば、意外と簡単に減量することができます。

そんな30代に突入したあなたが、太らないように気を付ける点をまとまてみました^^

 

30代が痩せにくくなる理由

 

まずは、30代から痩せにくくなる理由をあげるとこんなところでしょうか。

①10代や20代の頃に比べて、体を動かす機会が減った

②そのため消費エネルギーが少なくなって、余分なエネルギーが脂肪になる

③運動する機会が減ると、筋肉がだんだん衰えていくので代謝が下がる

→結果、太りやすくなる。

 

ざっくり書きましたが、30代になると職場での立場上、仕事が忙しくなってきますよね。

その分、体を動かす時間が減ってしまうのも、ある意味仕方がない部分もあります。

そんな状況になると、体の筋肉を使わないので、体の筋肉量が減っていき代謝が下がってしまいます。

まさに悪循環で、太るのは当然の結果です。

 

しかし、運動する時間が無くても痩せたいですよね。

だったら普段の日常生活の中から、少しずつ新しい習慣を取り入れればいいんです。

次に、忙しいあなたが痩せるための解決策を一緒に考えてみましょう。

 

痩せるための解決策(運動面)

 

日頃の生活で取り入れられる簡単なものをいくつか挙げてみました。

日常で取り入れるべきもの

・軽い有酸素運動をする→特にウォーキングがオススメ

・週3日のペースで筋トレをする→特に胸筋、背筋、腹筋、太ももを強化する!

理由:
筋肉BIG4を鍛えると代謝が上がりやすいから

・体幹トレーニングを取り入れる

取り入れる目的・理由

・ケガ予防、動きをスムーズにさせる

・筋力向上による体の引き締め、体力向上などが期待できる

今思いついた簡単なメニューはこんなところでしょうか。

日常生活においても、筋肉がつくことで疲れにくくなったり、腰痛の予防、姿勢の崩れを防ぐ、転倒しにくくなるなどのメリットもあるので、ぜひ取り入れるべきですね^^

 

運動面で具体的な解決策は示せましたが、あと問題なのは“食事面”ですね。

ダイエットは、食事管理が9割大事だということはもうお分かりだと思います。

では食事面で気を付けるポイントを僕が実際に実践しているものを踏まえてみていきましょう~。

食事面の対策

 

・食事は食べる順番を意識してみる

 

世間でも話題になった“食べる順番ダイエット”ですね!

始めは、暖かい汁もの→野菜→たんぱく質→炭水化物の順番

これによって血糖値の急上昇を防ぐことができる。

つまり、ドカ食いの防止にもなるということです。

 

僕は血糖値の急上昇(いわゆる血糖値スパイク)を起こしては、ダイエットに失敗した経験があります。

それ以来、この食べる順番は今も守り続けて、ドカ食いを防ぐことに努めています。

 

・食事を抜くなら夜にすべし!

 

ダイエットにおいて、「基本は3食しっかり食べること!」といわれていますが、正直にいうと、僕は3食もいらないと思っています。

飽食といわれているこの世の中をもっとよく見てください。

 

栄養不足で痩せている人より、むしろ食べ過ぎて肥満になっている人の方が圧倒的に多いですよね?

今の人たちって、なんだかんだ言って栄養は十分に足りているのです。
いや、むしろ摂り過ぎです^^;

おまけに、夜は消費エネルギーを使わないから、余ったエネルギーが脂肪になって太っているのです。

理由としてBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質が関係しているからです。

このタンパク質には、脂肪をため込むための酵素を増やす働きがあります。

 

しかもやっかいなことに、BMAL1は体内リズムと密接な関係があり、時間帯によって増減します。

注目する点は、昼に少なく、夜に増えるという特性があるところです。

つまり、夜遅くに食べると太るのは、このBMAL1の影響があるからです。

 

だったら夜はプロテインだけ飲んで、疲労回復のためのタンパク質を補給する程度でも十分なわけです。

 

それなら、1日2食でも十分ですよね。

それに、1食抜いたからって死にやしません。

 

どうしても夜遅くに食べるというなら、タンパク質や野菜を中心に食べること。

その時は、必ず糖質制限せよ!ということです。

 

・水をたくさん飲んで代謝を上げる意識を持つ

 

30代からのダイエットで一番意識しないといけないのは、代謝を上げることです。

水をたくさん飲むと、体の代謝が上がります。

また、筋肉は水分を貯めるので、水を飲むと筋肉の量が多少増えるので、代謝が上がりやすくなります。

 

つまり、水分不足は筋肉の量も増やすことができません。

そうなると、筋トレによって筋肉増加の効果も小さくなります。

 

水と筋肉は、実はダイエットにおいて、意外と関連性の高い関係だったんですね^^

 

まとめ

いかがでしたか?

これなら、すぐに日常生活にも取り入れられるし、どれも簡単にできるものですよね?

 

忙しくて時間がないあなたでも、このようなちょっとした習慣を取り入れるだけで、痩せることができます。

「これで本当に痩せれるのかよ~?」

と、思うかもしれません。

 

だったら実際に試してみてください^^

必ず効果は実感できますから。

 

この習慣を継続していけば、30代だから痩せにくいと言って、ダイエットを諦めるのはまだ早いですよ~(笑)

 

将来のことも考えて、30代になった今だから始めた方がいいんですよ。

なんだかんだ言って、体が資本ですからね◎

 

年齢関係なく、バリバリ仕事がこなせるような体作りをしていきしょう~^^

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

    • アケちゃんさん、はじめまして!

      ここに書いてあるものはどれも簡単で挫折しにくいので、
      ぜひ試してくださいね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です