30代で引き締まった体を手に入れるための10個のルール

30代で引き締まった体を手に入れるための10個のルール
トッシー

こんにちは!
【社会人ダイエットコンサルタント】のトッシーです!

このブログを読んでいるあなたはご存知のことですが、僕はビリーズブートキャンプでダイエットを始めて25kgの減量に成功した実績があります。

 

25kg減量したことは僕の人生の誇りです。

そんな時、当時のダイエットを成功させるための自分に課した絶対的ルールをメモしたノートが出てきました。

 

今回は僕が25kg減量する過程で決めたもの、そして最近取り入れたダイエットで成功するための絶対的な10個のルールをシェアしたいと思います。

 

この10個のルールを忠実に守ってダイエットをするだけで、あなたは10kg減量することが簡単にできるので、ぜひ覚えておいてくださいね^^

 

では、サクッと紹介していきます!

 

ダイエットで成功するための10個のルール

①一度決めた方法をずっと継続すべし!

よくダイエットで失敗している人は、失敗しては新しいダイエット方法に手を出すということを永遠に繰り返している傾向にあります。

 

今ではさまざまなダイエット方法が出てきていますが、自分が「コレだ!」という方法を決めたらそれ以外の方法は全部無視することが大事です。

 

ダイエットはシンプルに一つの方法を結果が出るまで継続することが何よりの近道になります。

僕もダイエットで目標を達成するまでは、ひたすらビリーを継続しただけです。

 

それ以外のダイエット方法は取り入れていません。

また、食事管理も3食で”夜だけ糖質制限する”といった実にゆるくシンプルなものでした。

 

本当に一つの方法を素直にやり続けただけです。

他の成功者の方も、一つの方法で結果が出るまでやり続けたという方がほとんどです。

 

なので、あなたがこの方法ならやりやすいというものを一つだけ選んで、それを素直に継続するというやり方をしてくださいね^^

 

②最初の3ヶ月はとにかく継続しろ!

実はダイエットで見た目に変化が起こるのは、ダイエット開始から3ヶ月以降にならないと分かりません。

 

・・・といっても、それまで見た目はほとんど変化がなくても、内側から確実に変化しているので心配はいりませんよ^^

 

見た目が明らかに変わってくるのは、だいたい4ヶ月目くらいから確認できます。

ダイエットで成功するためには【最初の3ヶ月間】が勝負どころ。

 

ダイエットで失敗しているほとんどの人は、この3ヶ月で変化がないことにがっかりしてモチベーションも一気に低下し、そして挫折していくというパターンが非常に多いです。

でもここで「最初の3ヶ月は見た目の変化がないもの」と理解したあなたは、他の人に比べても挫折するリスクが減ったようなものです^^

 

この事実に気づいてない人がたくさんいるので、ここでこのダイエットのマインドを学べたあなたはラッキーですよ!

ぜひ、この事実も忘れないようにしておいてくださいね。

 

③【減量】なら糖質制限をメインに!

今では常識となっている「糖質制限」

ダイエットで減量することがメインの目的なら、糖質制限は必須の食事管理といえます。

 

何せ、減量する速度を圧倒的に高めることができるからです。

ただ、正しいやり方を学んでおかないと、高い確率でリバウンドします。

 

ちょっと自信がないというのであれば、僕が当時やっていたみたいに夜だけ糖質制限をするというやり方を実践してみてください^^

僕もこれだけで25kgも減量できたので、やれば必ず効果は出ますよ^^

 

体がダイエットに慣れてきたら、3食とも糖質制限をするというやり方に変えていってもいいですね◎

僕も最終的には3食糖質制限にしましたから^^

 

さらに脂質制限も加えてやると、減量効果がまた一段とアップします。

けど、僕みたいに糖質制限で死にかけるので慣れないうちはやらないでくださいね(笑)

 

当時のエピソードはこちらに書いてます↓

糖質制限で大失敗!

 

正しい糖質制限を学べば、それほど恐れることはないのでガンガン取り入れていきましょう!

 

④カロリー計算よりPFCバランスを気にしろ!

よくダイエットの食事でカロリー計算をきっちりしている人を見かけます。

それはいいのですが、実はカロリー計算はやればやるほど複雑でめちゃくちゃになりやすいんですよね^^;

 

僕も以前は緻密にカロリー計算をしていたのですが、途中でわけがわからない数値が出たり、カロリー計算のアプリを使うと「こんなんありえへんやろ!」といったとんでもない数値を叩き出したりと散々な目に遭いました(笑)

 

それ以来、カロリー計算をきっぱり止めました!

その代わりに、糖質、脂質、たんぱく質の摂取量を計算したPFCバランスの計算法を取り入れるようにしました。

 

こちらの方が、糖質や脂質の量を1日でどのくらいまで抑えたら太らないかということが簡単に確認出来ます。

一度算出された数値以内に糖質や脂質の量を抑えておけば、太ることがないといった感じで、簡単に食事管理ができるようになりました^^

 

なのであなたもカロリー計算より、このPFCバランスの計算を取り入れて食事管理をすることをオススメします^^

PFCバランスの計算方法はこちらの記事で解説しています↓

バランスのとれた食事

 

⑤睡眠は最低でも7時間取れ!

ダイエットにおいて睡眠不足は大敵だと何度か言っています。

が、睡眠を軽く見ている人がかなり多いのも事実です。

 

睡眠の重要性はこちらの記事で解説しています↓

ダイエットのための睡眠

 

睡眠不足だと、基礎代謝の低下、高カロリーのものを食べたいという欲求が増加するなどのデメリットが生じます。

逆に睡眠時間をたっぷり取ると、脂肪分解の働きがある成長ホルモンが分泌され、脂肪燃焼を促進させます。

 

これらが起こる理由として、睡眠時間によって分泌されるホルモンがカギを握っているからです。

 

睡眠時間が短いと食欲を高める【グレリン】の分泌量が増加し、逆に食欲を抑える【レプチン】の分泌量が減少します。

 

なので、ダイエットにおいての睡眠は、適切な睡眠をとることでホルモン分泌の変化による過食を防げると言えます^^

 

ここで改めてダイエットにおいての睡眠はとても大切なことなんだなぁと覚えておいてもらいたいです。

 

⑥痩せたいなら筋トレ+有酸素運動はセットでやれ!

ダイエットをやり始める人がよく言うのは、

「筋トレは苦手なのでランニングなどで運動します」

といった、有酸素運動のみをしようするといった内容です。

 

確かに有酸素運動は体脂肪を燃焼させるためには有効です。

しかし同時に筋肉の量もだんだん減らしていくというリスクもあるんですよね。

 

そこで有酸素運動のみを続けるとどうなるのか?

 

体脂肪も燃えますが、筋肉も徐々に減るので、だんだん代謝が低下して痩せにくい体質になっていきます。

 

おまけに全身がだるだるの全身が崩れた体型、いわゆるスキニーファットの状態になる可能性があります。

 

30代のダイエットで効率よく痩せるためには、筋トレをして基礎代謝が低下しないようにすることが何より重要。

そういった意味でも、筋トレは避けてはならないのです。

 

効率よく、かつシュッと引き締まった体を手に入れるためにも、筋トレと有酸素運動は必ず両方するということを意識して運動を行いましょう^^

 

⑦筋トレは自重トレからやれ!

「これからダイエットを頑張るぞ!」と意気込む人の中に、引き締まったバキバキの肉体を手に入れようと、いきなりジムで筋トレを始めようとする人がいます。

 

しかし今まで運動をしてこなかった人が、いきなりジムの器具を使って効率よくダイエットを行うことができるでしょうか?

 

こういったダイエット初心者は、まず器具を使ったトレーニングの過酷さをあまり理解していません。

器具を使えば手軽にバキバキの引き締まった体が手に入ると思いがちです。

 

残念ながら器具を使ったトレーニングは、ある程度運動できる体が作られている中級者向けのものです。

そこに運動量も少ないダイエット初心者が行くと、あまりの過酷さにあっという間にダイエットで挫折していきます。

 

それに毎日決まった時間にジムを利用できないという状況に、だんだんダイエットをするのが億劫になるではないでしょうか。

そしてだんだん運動をする頻度も減り、結局ダイエットしなくなっていくのではないでしょうか。

 

そんな状況を回避するために、ダイエットを始めたばかりの人は自重トレーニングで筋トレをするだけで十分です^^

そして僕がオススメしている【プリズナートレーニング】をSTEP1から順番にこなしていけば、確実に運動できる体に仕上がっていきます。

 

ある程度ダイエットが進んで力が付いてきた時点で、ジムで器具を使ったボディメイクに取り掛かるといった流れでも遅くはありませんよ◎

なので、まずは焦らずにプリズナートレーニングで筋力を付けていきましょう^^

 

プリズナートレーニングについてはこちらの記事に書いてる内容を順番に読んでいってくださいね。

動画付きで解説しているのでわかりやすいと思います^^

会社員のダイエットに最適!「プリズナートレーニング」とは?【動画解説付き】

 

⑧筋肉痛が酷い時は潔く休め!

ダイエットを毎日ハードにこなしていくと、当然ですが体に疲労が蓄積されていきます。

そして普段使い慣れていない筋肉もたくさん動かす機会が増えるので筋肉痛も半端ないです^^;

 

ここでよくありがちなことが、筋肉痛があっても無理してダイエットを頑張っちゃうことです。

これは本当に要注意です!

 

僕もダイエットを本格的にしていた当時は、筋肉痛があっても「毎日ビリーをやらなければ痩せない」といった謎の価値観があり、結局オーバーワークになって潰れたことがあります(笑)

体を休める事は、疲労回復はもちろん、筋肉を大きくするためにも必要不可欠なことです。

 

休息を取って初めて体が進化していきます。

それに体の調子が悪いと、ダイエットも気が乗らなくなってきますよね?

 

だからこそ十分な休息を取り、エネルギーを充電することが何より大事!

コンディションが良ければ、また新鮮な気持ちでダイエットに励むことができます^^

 

一度立ち止まって休むこともダイエットの内の一つです

 

体の調子が悪くなってきた時は、体が危険信号を出している証拠。

その時は素直に休むことに専念してください^^

 

⑨仕事以外の時間をダイエットに投資しろ!

忙しくて運動する時間がないと言ってる人は本当に時間がないのでしょうか?

1日10分でも運動する時間は作れるはずですよね?

 

それでも時間がないという理由でダイエットに取り組まないのは、

単にダイエットをしたくないからではないでしょうか?

 

本気で痩せて自分自身を変えたいなら、飲み会、ゲーム、TVといった、娯楽に充てている時間の全てをダイエットに投資するべきです。

それだけでも軽く2~3時間は確保できますよね?

 

僕も当時は周りが飲み会やら遊びに満喫している姿を見ながらグッと堪えて仕事以外の時間はすべてダイエットに費やしていました。

 

そしていつか見返してやる!という気持ちで人生のすべてをダイエットに捧げる覚悟で時間を投資しまくった結果、25kgの減量に成功したわけです。

 

それくらいの覚悟がないと、まずダイエットで成功することは難しいんですよ、ホントに^^;

そこであなたも毎日2,3時間をダイエットに費やせるなら、短期間でも見違えるくらい痩せることができますよ^^

 

なので、やるなら本気で覚悟を決めてダイエットに臨むようにしましょう!

 

人生は一度きり!時間の使い方であなたの人生はいい方向にも悪い方向にも転がるんです

 

⑩空腹を感じないなら食うな!

これはダイエット中の食事管理において特に意識してほしいことです。

1日3食を基本とした食習慣だと、無意識でも惰性でものを食べる癖が付いています。

 

別にお腹が減っているわけでもなくです。

もう暇さえあれば食べ物に手を出すといった癖は強制的に直さなくてはいけません。

 

だから僕は“ダイエット中の間食はしない派”なんですけどね(笑)

その事についての僕の考えはこちらの記事で述べています↓

ダイエット中の間食はあり?それともなし?

 

まぁその主な理由は太る原因はインスリンの過剰分泌によるものだからなんですけどね。

3食生活なら、体内は常にインスリンが分泌される状況にあります。

 

インスリンは体内の余分な糖質を体脂肪に変換してエネルギーとして蓄えますので、常に体脂肪が増える状況に置かれているといっても過言ではありません。

さらに間食まですると、インスリンの分泌量がさらに増え、ますます太ることに拍車をかけることになるんですよね^^;

 

そういった意味でも、一度何も食べない時間を作ることが大事です。

それに常に内臓系が休む暇もなく動いている状態なので、次第に体の調子も悪くなっていきます。

 

まさにダイエットにおいては最悪の展開ですね...。

 

そんな状況を避ける意味でも、

空腹を感じないならとにかく食うな!

余計に食べなければ太ることはまずない!

これを忘れないでくださいね。

 

このように、僕がダイエットで成功するまでに取り入れた10kg痩せるための十戒を紹介してきました。

これを徹底的に守るだけで、あなたは10kg痩せるという目標もあっさり達成できるはずです。

 

ここで紹介したことを徹底的に頭に叩き込んで絶対に忘れないようにしてくださいね。

必ずあなたのダイエット成功を達成させる要素になりますから^^

 

さらに3ヶ月で-10kgを達成させる具体的な戦略や方法はメルマガでもお話していますので、興味があればぜひメルマガ登録もしてくださいね◎

あなたのダイエットに役立つ無料プレゼントも用意してますよ^^

トッシーLINEメルマガ

 

今回の記事は以上になります(^▽^)/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です